本の感想, お気に入り, 作者名 た行瀧ことは

正月休みの朱葉の巫女バイト、冬の一大イベントバレンタインなどをこなしながら朱葉と桐生は充実したオタク生活をおくる。しかし、あるイベントで朱葉のストーカーらしき妙な客がスペースにやってきて……

好きなものを好きと言えるのは尊いなぁというような、オタク充実ライフが相変わらず楽しかったです。

本の感想, 作者名 な行永瀬さらさ

魔王かつ王太子のクロードは何者かに襲われ、魔王であることとそれらに関係する記憶を失ってしまう。婚約者であるアイリーンに関する記憶も失い、婚約破棄を言い渡されたアイリーンだが、アイリーンは(アイリーンの)手下とともに、魔王としてのクロードの不在に動揺する魔族をおさえ、クロードの記憶を戻すための策を講じるが……

魔王分が差し引かれたクロードが純情でかわいかった、んですがやっぱり若干魔王っぽかった。

本の感想, 作者名 さ行桜あげは

無事ダイエットに成功したブリトニーは、15歳の誕生日までに婚約者を見つけるという従兄との約束を果たすために王都に向かい、元婚約者のリカルドと半年ぶりに再会する。リカルドとともに仮面舞踏会に参加することになったブリトニーは、アンジェラ王女の誘拐に巻き込まれそうになるが、ダイエットのために参加していたブートキャンプの成果を遺憾なく発揮し誘拐犯から逃げ出すことに成功。この事件もあり避けていたはずのアンジェラ王女との親交が更に深まってしまう。

ブリトニーとリカルドの初々しい恋模様がかわいい。

本の感想, 作者名 あ行江本マシメサ

自身とエリザベス・オブライエンの出生の秘密の手がかりを掴んだエリザベスは、体調が戻り次第裏とりを進めようとするが、時を同じくしてシルヴェスターが事故に巻き込まれ、意識不明の重体という知らせを受ける。シルヴェスターの様子を確認したいエリザベスだが、一歩先んじたエリザベス・オブライエンのおかげでシルヴェスターには会えずじまいとなり、シルヴァスター不在の中ユーインの助力を得て「エリザベス」の謎とシルヴェスターの事故の黒幕を探ることになる。

女性陣が強くて良いものでした。

本の感想, 作者名 さ行桜あげは

ハークス伯爵令嬢のブリトニーは12歳にして婚約破棄を言い渡された瞬間に前世の記憶が蘇り、自分が人気少女漫画の登場人物の一人として転生していることに気づく。しかも、ブリトニーはヒロインをいじめ抜く悪役王女の取り巻きの一人で、「白豚」と揶揄される程の立派な体格の性悪令嬢で、物語の中盤で処刑により退場してしまう。処刑回避のために、王女の取り巻きとなることを阻止すべく、健康的な体を得たうえで王都にあがらなくてよいように15歳までに新たな婚約者を見つけるためのブリトニーの過酷なダイエットの日々が始まる。

悪役モブへの転生モノ、なんかすごい面白かったです。

作者名 さ行瀬川月菜

通常男性しか精霊師の力を持たないと言われる中で精霊師としての力を持つキーラは、女性であることを隠して亡き兄の名ルークを名乗り、父亡きあとは翡翠の森で一人で生計を立てていた。一つの場所に留まり、性別を隠して暮らしていくことに限界を感じはじめたキーラは、副都の有力者の依頼をこなすことで旅の資金を稼ぎ、父や兄と過ごした翡翠の森から旅立つことを計画するが、ある依頼を解決しようとする中でトラブルに巻き込まれる。運良く副都の守備隊の隊長ヴァーツラフに助けられたキーラは、安全の確保のために「女装」してヴァーツラフに匿われる事になる。

ニヤニヤが止まらなかった……

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行江本マシメサ

当初の身代わり目的は達成したものの、真相を突き止めるまでは身代わりを続けることを決めたエリザベス(リリー)は、シルヴェスターと共同戦線をしくことになる。エリザベス(本物)をおびき寄せるために、シルヴェスター扮する謎の恋人との噂をばらまくエリザベス(リリー)に、婚約者のユーインが婚約破棄を伝えてきて……

ユーイン、いいやつ……

本の感想, お気に入り, 作者名 は行八巻にのは

月島の駐在所に勤める真面目が取り柄の女子力皆無な女性警察官・晶は、女子力(と武道)の師匠が主催する職業を詐称した合コンで腹黒イケメンハイスペック青年の千影と出会う。その恵まれた外見が原因で女性不審に陥っている千影から、カモフラージュのために偽彼女として付き合えと迫られた晶は、持ち前の人の良さと男慣れできるように訓練してくれるという千影の脅しに屈して、警察官であることを告げらぬまま付き合うことになる。

「武士」な晶ちゃんがかわいかった!これは良いラブコメ……。

本の感想, 作者名 か行櫛木理宇

見たくもない「もの」が見えてしまう森司は、高校の後輩こよみに密かに恋していたが想いを伝えることができず浪人して大学に入学する。現役で同じ大学に入学したこよみがオカルト研究会に入ったと知り、なし崩し的に森司もオカ研に入会してしまう。そんなオカ研には怪奇現象に悩まされている人が日々相談にやってきて……

青春っていいっすな!というようなライトホラーでした。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

通称「椿屋敷」で隠居生活を送っている柊一は、ワケありの香澄と利害の一致から偽装結婚をした。近隣の住人に相談役として頼られている柊一のもとに様々な相談事がもちこまれ、そして二人の結婚を訝しむそれぞれの親族が椿屋敷を訪れと、なかなか落ち着いた毎日を過ごすことができず……

「年の差」「偽装」「若夫婦」というこのコンビネーションがよいですね……。