本の感想, お気に入り, 作者名 あ行乙川れい

隣国に嫁ぐ大好きな妹姫を見守るために、身分を隠し下働きとして竜騎士団に潜入した王女リオノーラだが、早々に「竜殺し」と恐れられる騎士団長ハーヴェイに正体を知られてしまう。ピンチを切り抜けるために、従来からハーヴェイが契約をもちかけていた竜アセクルの申し出を受け入れ、アクセル対リオノーラとハーヴェイという二重契約を結ぶこととなってしまう。

ノーラちゃんの突き抜けた妹ラブがすごかった。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行嬉野君

もともとあまり仲の良くなかった長兄・冬基と次兄・カイだが、二人の仲が更にこじれる事案が発生し、カイは中央アジアでの学術発掘のあとそのままロシアの大学に移籍するという話まででてしまう。さらにカイの”目的”に気付いた桃は、イタリアへの修学旅行中に、真礼の力を借りて修学旅行を離脱し、なんとかカイの計画を止めようとカイの研究室が発掘調査を行っているというテジェニスタンに向かうが……

壮大な話が展開していったのに最後はきれいにきょうだい喧嘩におさめて大団円で面白かった!

本の感想, 作者名 あ行江本マシメサ

自身とエリザベス・オブライエンの出生の秘密の手がかりを掴んだエリザベスは、体調が戻り次第裏とりを進めようとするが、時を同じくしてシルヴェスターが事故に巻き込まれ、意識不明の重体という知らせを受ける。シルヴェスターの様子を確認したいエリザベスだが、一歩先んじたエリザベス・オブライエンのおかげでシルヴェスターには会えずじまいとなり、シルヴァスター不在の中ユーインの助力を得て「エリザベス」の謎とシルヴェスターの事故の黒幕を探ることになる。

女性陣が強くて良いものでした。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行江本マシメサ

当初の身代わり目的は達成したものの、真相を突き止めるまでは身代わりを続けることを決めたエリザベス(リリー)は、シルヴェスターと共同戦線をしくことになる。エリザベス(本物)をおびき寄せるために、シルヴェスター扮する謎の恋人との噂をばらまくエリザベス(リリー)に、婚約者のユーインが婚約破棄を伝えてきて……

ユーイン、いいやつ……

本の感想, 作者名 あ行一原みう

ヴェルサイユ宮殿にいる夢、雪山で逃避行をしている夢、そして修道院で同年代の少女たちと錬金術の研究を続ける夢を見続けるセラフィーヌは、ある日目覚めたとき錬金術師のカリオストロ伯爵に保護されていた。「頭の中の小さな箱」にしまいこんだ記憶以外を失っているセラフィーヌは、記憶を取り戻すためにセラフィーヌがいたというR修道院に行くために、カリオストロ伯爵の手伝いをすることにするが……

不思議な空気に包まれた物語でした。

本の感想, 作者名 あ行小田菜摘

医師である父が残した医院を一人守っている珠里だが、女性は医師免許を取れないなれない決まりの中、ほそぼそと育てた薬草を他の医師に売ることで生計を立てていた。ある日、珠里は皇帝からの呼び出しを受け、男性医師の診察を拒否している皇太后の診察を依頼される。

ツンデレ公主様がよいものだった……

本の感想, 作者名 あ行藍川竜樹

平民出身の異端審問官ジルベールは多少汚い手を使ってでも貴族を異端の罪で告発し、若手の中でも出世株だったが、今回の異端審問の相棒に選んだ錬金術師マリーはジルベールの思う通りに動かず、あと一歩というところで再調査という結果になってしまう。ジルベールはマリーとともに現地調査に向かうが、空気を読まないマリーのマイペースぶりに振り回されて……

ジルベール、ちょろいな……と思いました(おいしい

本の感想, 作者名 あ行江本マシメサ

爵位を返上することもできず、ギリギリの貧乏生活を送っている伯爵令嬢レイファは、ある日東方から旅行に来ていた華族(資産家)の奥方に「幸運を呼ぶ金髪碧眼」を理由に大金を積まれ買われることになる。奥方に従い遠い異国・大華輪国に連れて行かれたレイファは、一生地下で閉じ込められることになるところを奥方の息子で当主のシン・ユーの妻として迎えられることで助けられる。

義母様のツンデレっぷりが素晴らしいのでは……?

本の感想, 作者名 あ行朝前みちる

アルビレオでの生活にも慣れ、婚礼式も近づいてきたあるひ星王国から女王の直視としてリュカスの同父兄ゼノンがアルビレオを訪れる。期限までにアルビレオの国民に認められなければリュカスとアルトゥールの婚約はなかったことにするというゼノンの出してきた条件をクリアするために、リュカスはアルトゥールの力を借りてある企画を立ち上げる。

最後までアホ可愛かったなぁ……

本の感想, 作者名 あ行朝前みちる

星王国での滞在を終え、アルビレオ王国に帰国するアルトゥールに婚約者である星王国の王女リュカスも一人でついてくることになった。アルトゥールの家族に会えるといそいそと手土産選びに勤しむリュカスの一方で、一筋縄ではいきそうにない家族との対面にアルトゥールは頭をかかえていた。

相変わらずリュカスがアホかわいい。