本の感想, 作者名 や~わ行・他和ヶ原聡司

ヴィラ・ローザ笹塚に急に開いたゲートから現れたのは、謎のりんご。そしてその林檎の中から真奥を父、恵美を母と主張する幼児・アラス・ラムスが真奥たちの前にあらわれる。アラス・ラムスの可愛さを前に完全に敗北した真奥は、アラス・ラムスを魔王城にて養育することを決めるが、アラス・ラムスに母親認定を受けた恵美は魔王城に通う必要がでてきて……

アラス・ラムスが可愛すぎて辛い。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

期限までに円満に離婚するという使命を背負ってシレイネ姫の身代わりで嫁いできたはずなのに、うっかりクロウへの恋心を自覚してしまったフェルは、「新婚旅行」からの帰り道でシレイネ姫と「交代」し、身代わりが終了してしい、シレイネの手配により即刻帰国することになる。しかし、シレイネの体調を案じるフェルは、召使の「フェル」として城になんとか忍び込む。

思ったよりも身代わり解消が早かった、シレイネ編の前編。

本の感想, 作者名 や~わ行・他和ヶ原聡司

真奥たちしか住んでいない六畳一間のボロアパートに、和服美人が越してきた。都会での生活は初めてとのことでなにかと真奥たち、そして魔王城を訪れた恵美が世話を焼くことになる。一方の真奥は、バイト先で店長がいない間の時間帯責任者を任されることになり、世界征服への前進と息巻くが、新規開店したライバル店の想像以上の好調な出だしに思わぬ苦戦を強いられることになる。

あしやさんのおかんぶりについて。

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

無事終了した第一回煌恋検定の結果、唯翔に「負けて」しまった天綸は、花蓮と唯翔の「デート」を認めることになる。デートを出歯亀していた天綸は、案の定事件を引き寄せた花蓮が保護することにした家出少年を範家に匿う手配を整える。

侍女と宰相が!(ごろりん)

作者名 や~わ行・他和ヶ原聡司

エンテ・イスラでの勇者との戦いに敗北した魔王サタンは腹心のアルシエルとともに「ゲート」に逃げ込み、現代日本にたどり着く。最後の魔力を振り絞ってなんとか日本での生活の基盤を整えた「真奥」は、世界征服の足がかりとしてまずはファーストフード店の正社員を目指していた。そんな真奥の前に、真奥を追ってきた遊佐恵美こと勇者エミリアがあらわれて……

真王さまが庶民過ぎておもしろかったー。

作者名 や~わ行・他我鳥彩子

花蓮の機嫌をとるために街に出た天綸は、福福しい商人が拉致されるのを目撃してしまう。以前の「手下」からその商人の身元と拉致の真相を聞いた天綸は、その商人を一応「助け」に行くが、誰かを彷彿とさせるようなとても攫われた人間とは思えない商人に気に入られてしまう。(男の純情をときめきに乗せて)

理央さんと鳴鳴ちゃんが、いいものなのです……

本の感想, 作者名 や~わ行・他梨沙

ジャンを連れ戻すためにやってきたのは、ジャンの昔なじみのオーギュストと美人のシスター・アンナマリア。イタリアには帰らないと言い張るジャンを説得するためにオーギュストは古賀食堂に通い詰めるが、アナマリアは別件で何かを探しているらしい。ちょうどその頃、町に変質者が現れるという事件がおきる。

ああ、この人も残念なイケメンに……(今回の表紙の人)

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

皇太后から呼び出しを受けた花蓮を天綸は心配するが、今の環境を死守したい花蓮はなんとなくその場を乗り切ってしまう。一方、都では画家を狙った謎の事件が頻発。さらに追放になった公子や前王朝の末裔を担ぎ出そうとする一派の陰謀もあるらしく、天綸はそれらの対応に追われる。

祭典って、それか。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他渡海奈穂

放課後の図書館にいたはずのさちこはいつの間にか見知らぬ国の墓穴にいた。滅びの道を歩む異世界の国ルシタリアにやってきてしまったらしいさちこは、成り行きで国民皆が恐れる「暫定王」ディーレの世話役を押し付けられてしまう。さちこにも脅しとそっけない態度をとるディーレだったが、生来の「おねえちゃん気質」からディーレの世話を焼くうちに、さちこはディーレに近づいていき……

異世界トリップ、面白かったー!

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

自称「仙人」の唯翔に監禁された花蓮は、唯翔の力で不思議な夢をみる。あくまでも物語の傍観者でいたい花蓮は夢を見ることに疲れ、監禁場所からの脱出を図る。拍子抜けするほどうまく後宮に戻れた花蓮だったが、天綸の前で妄想すると頭が痛くなるという事態が発生してしまい……

こ、これは……!(美味しい兄弟があった)