本の感想, 作者名 あ行青木祐子

モアティエ公爵はアップルを養子として迎え、彼女をお披露目するための園遊会の準備を進めていた。モアティエ家の長女コーネリアは、アップルが愛人の子であることを隠し何事もないかのように振る舞う母親に同情ともいらだちともいえない微妙な感情を抱えながら、『薔薇色』に園遊会用のドレスの作成を依頼する。

本の感想, 作者名 あ行青木祐子

名門オルソープ伯爵家・令嬢アディルのドレス作りを引き受けたクリス。完璧な令嬢であるアディルに魅力を感じるクリスだが、彼女の「婚約者候補を惹きつけるドレス」という注文の婚約者の正体を知り、ショックを受ける。

本の感想, 作者名 あ行青木祐子

リボンを愛するシャーロックの従妹・リルはリボン作製を依頼するために薔薇色にやってくる。失恋続きのジェインとその恋愛指南をする詩人のすれ違いだらけの恋の行方。見た目はいいけど薄情な舞台役者キースを追いかけるご令嬢の真意とは。何十年前かに街を出て、当時そのままの姿で帰ってきたまるで幽霊のような青年に恋をした少女。そして、クリスとパメラのロンドンでの出会いから旅立ちまでを描いた全5編を収録した短編集。