本の感想, 作者名 さ行白川紺子

通称「椿屋敷」で隠居生活を送っている柊一は、ワケありの香澄と利害の一致から偽装結婚をした。近隣の住人に相談役として頼られている柊一のもとに様々な相談事がもちこまれ、そして二人の結婚を訝しむそれぞれの親族が椿屋敷を訪れと、なかなか落ち着いた毎日を過ごすことができず……

「年の差」「偽装」「若夫婦」というこのコンビネーションがよいですね……。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

祖母からいわくつきの着物の管理を引き継いだ鹿乃。残る着物は最後の一枚となり、その来歴を探ると野々宮家にゆかりのある女性の着物であることが判明する。野々宮家から出奔した女性のものだということで、女性の足跡をたどっていくが……

最終巻、鹿乃と慧が初々しいような熟年夫婦なような(ごちそうさまでした)

本の感想, 作者名 さ行清家未森

大公妃付きの女官になるための条件として既婚の貴婦人である必要があるが、ミレーユのもとに集った女官候補の令嬢たちは誰ひとりとして結婚する気配がない。現状打破のために、騎士団のエリートと令嬢達の集団見合いの場を設けることになり、レルシンスカは令嬢側の取りまとめ役として場を仕切ることになる。

身代わり伯爵の最後の短編集。楽しかったです。

作者名 さ行瀬川月菜

触れるものから植物を芽吹かせるという奇跡の力を持つ「リンデンの巫女」ルーレは、その能力から人と触れ合うことなく、神殿の奥で隔離されて生活していた。「世界を滅ぼす魔術師」アンドゥルラスであればこの能力を制御できるかもしれないと考えたルーレは、神殿から脱走しアンドゥルラスの元を訪れる。

優しいお話でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行白川紺子

亡くなった祖母が様々な人からあづかっていた「いわくつきの着物」の管理を任されている鹿乃のもとに、名古屋から一人の青年が訪れる。彼は鹿乃の祖母に着物を預けたという人の孫娘を探してやってきたが、その女性はまだ鹿乃のもとにはやってきていなかった。鹿乃は青年とともに女性を探しに京都の街に出るが……

本編の最後の最後のに「つづきを早く!!」ともんどりうってしまいました。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行白川紺子

ある事件をきっかけに男性不信をこじらせているブライディ伯爵家の令嬢マリーは、社交界にも出ず魔法石の研究に明け暮れていた。ある日、父親がマリーの婿を拾ってきたとデューイと名乗る青年を連れてくる。マリーの婿としてブライディ家に落ち着いたデューイは、事あるごとにマリーに求婚するがマリーはなかなかなびかず……

押せ押せのデューイが最後の最後にたじろいたところが(悶絶)。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行秋杜フユ

騎士として生きることを決めた公爵令嬢クロエは、祖父であり宰相である祖父ヨルゴスの護衛騎士として充実して日を過ごしていた。ある日、ヨルゴスとヨルゴスのもう一人の孫で国王の側近のデメトリに請われ、前王を廃し国を立て直した国王アルセニオスの婚約者として王宮に入ることとなる。時期を見て解消される婚約であり、副産物として「婚約解消後は令嬢としての結婚を望めないため騎士として邁進できる」ことに期待したクロエは、喜び勇んで任務にあたるが……

ラブコメと見せかけてシリアスな展開に持っていく展開が相変わらず面白かったです。

本の感想, 作者名 さ行白洲梓

エンズレイの第二王女アイリーンは、子どものいなかった王妃の側近夫妻の養女となる。実の両親からも養父母からも愛情を注がれて育ったアイリーンだが、初恋の人である姉の婚約者への恋は叶わなかった。そんな中、王女としても養女としても中途半端な立場から前に進もうと、アイリーンは国家に関係なく負傷者や病人を救う「名もなき聖女」としての活動をはじめる。

全般的に女性陣が強いお話。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

森の奥で夜葬師に育てられたオフェリアの前に、周辺一帯を治める領主である侯爵ルドヴィークが現れる。侯爵家の当主が代々苦しめられている夜葬師による呪いを解く鍵をオフェリアが持っていると、ルドヴィークはオフェリアを妻として城に迎え入れる。

謎に包まれている夜葬師のお話。

本の感想, 作者名 さ行さき

幼い頃に受けたひどい言葉にひどく傷ついたモアネットは、人目に外見が触れぬよう全身に鎧をまとい、年頃になっても郊外の別宅で一人で生活していた。そんなある日、モアネットが鎧をまとう原因となった元婚約者の王子とそのお付の護衛が現れる。ここ1年で急に不幸体質となった王子にモアネットが呪いをかけているのでは、という疑いを書けられたモアネットだが、そんなことをする理由もないモアネットはなりゆき上、呪いの原因を突き止めるために三人で旅に出ることになる。

全身鎧のヒロインとかもうそれだけで勝ちというような。