本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他八巻にのは

柔道の元日本代表であったが、持ち前の超絶男運の悪さから巻き込まれたトラブルによりその座を退いた凛子は借金返済と学費のためにバイトと学業に勤しむ毎日を送っていた。凛子が掛け持ちするバイトの中でも一番待遇の良い黒宮警備で、特殊な案件を担当する裏四号警備部の黒宮七々瀬から彼の部署にスカウトされた凛子は、七々瀬の相棒としていわくつきの案件の処理に向かうことになる。

かっこよくてたのもしい凛子ちゃん(物理的にも強い)と、ずれてる七々瀬(本人は本気)のやり取りが楽しかった。

本の感想, 作者名 や~わ行・他八巻にのは

高校時代に出会った初恋の人・白江とともに働くことを目指して旅行業界で働いていた美紀は、白江が社長を務めるディスカバリートラベルへの転職を成功させる。しかし、転職後すぐの新人研修で、霊媒体質の美紀は白江から研修先のホテルの問題点を解決するように命じられてしまい、怪異に巻き込まれる。

ツン分9割8分の社長さんが(ベタながら)良かった。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

社会人になって半年、旅行会社に勤める玲美は上司の係長からの執拗なパワハラを受け、上司に殺意しか抱かなくなる段階まで来ていた。自分の業績までかすみ取られるという自体に陥った玲美は、霊験あらたかな縁切り神社にあるお願いをした。(今日は天気がいいので上司を撲殺しようと思います)

ホ、ホラーなんて聞いてない(怖いの嫌い)

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

天界の二五三番目の皇子・麗姿は神通力は持たないないが類まれな美貌を有し、ぐうたらした生活を送っていた。天界のコスト削減のために地上へ天降り、綺麗国の王女への婿入りを命じられ、騙し討同然で麗姿は綺麗国に送られる。そこで麗姿が出会ったのは、麗姿の結婚相手(予定)の第一王女(美形アレルギー)と、なぜかいかつい仮面をかぶっている第二王女であった。

あっぱれなほど人生イージーモードの皇子様で清々しく楽しかった。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

皇宮の中でも冷遇されていた公主・雛花は幼馴染の武人・志紅に恋心をいだきつつも、兄である皇帝・黒煉を補佐するための天后を目指していた。しかし、ある日志紅は黒煉を殺し、帝位を簒奪した上、雛花を妻として迎え後宮に監禁してしまう。

親友を殺しての帝位簒奪がおきるのこれ……?というコメディタッチな序盤でしたがちゃんとシリアスを経由してコメディになってた!(結局コメディ)

お気に入り, 作者名 や~わ行・他和泉統子

アッシュが使用人たちに「聖ブリードの日」の贈り物に何を望むかの聞き取り調査を行ったものの、それらの回答はすべて自分のためではなく伯爵家のためになるような望みばかりだった。そして、伯爵家と王家のゴタゴタが解決した後、伯爵家の使用人たちはアッシュのはからいで王家に「出稼ぎ」に出ることになり、そこで長年の夢だったことをかなえられるという状況になって……

大団円後のさらなる大団円、大満足です。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他山本瑤

天才錠前師トマスの養女として育てられたマージはトマス亡き後、店を継ぎ錠前師として独り立ちをする。そんな彼女の前に、鉄道事業で財をなしたアンブローズ伯爵家の若き当主アレックスが現れる。アレックスはマージに遺産相続に絡んだとある金庫を開けるための仕事を破格の報酬とともに提示してきて……

働く女の子と訳あり伯爵様のスチームパンク風味のコバルト文庫、良いものでした。

本の感想, 作者名 や~わ行・他山吹ミチル

伯爵令嬢のクリスティナは第二王子レオンの婚約者だが、クリスティナはレオンには別に想う相手がいるものの政治的な事情で自分と婚約していると思いこんでいる。一方で、レオンは第二王子の婚約者としてクリスティナに様々な知識・教養を身につけることを要求し、それに応えるクリスティナに満足していたが、クリスティナはレオンの心を知らずにいた。

お互いに相手のことを気の毒と思っているなぁと感じたお話でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

知らずのうちに大衆紙の記者ユリアと仲良くなってしまったアデルは、アデルとオスカーを記事にしないことを条件に、高級クラブへの潜入調査を引き受けてしまう。潜入調査の事件が一段落したと思ったら、次は孤児院でアデルの知己だという少女が現れ、アデルに就職先を斡旋するよう頼んできて……

オスカーより、なすび(最終巻なのに)。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

ようやく本当に結婚することになったフェルとクロウだが、フェルはとある作法を知らず、クロウに聞くわけにもいかず、周囲に教えてくれるように駆け回る。直球で説明するわけにもいかない案件のため、ガセやらなにやら掴まされたフェルはとうとうとう当日を迎えてしまい……

幸せいっぱいのボーナスの一冊、楽しかったです。