マジLOVEキングダムに入国してきた話

素人の観劇日記

劇場版うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダムを公開2週目に見てきました。
公開2週目の期間中にライブ上映→ライブ上映→通常上映→ライブ上映と頑張って4回入国。
普通のライブに行っても、応援上映的な映画を見てもあんまり動かないので、積極的に応援上映は選ばないタイプなのですが(スケジュールの都合上、ライブ上映が多めになった)、これは応援上映苦手な人でもなんとかなるかなぁ(そしてどっちも楽しかったなぁ)と思いました。個人的には通常上映のほうが落ち着いて見られて好きなんですが。

最近、(本以外の)感想を書いてないんですけど、これはなにか残しておかないといけない気分なのでメモ。ただのムダに長い日記みたいになってしまった。ネタバレの配慮してません。

ライブ前のイントロ(メンバー紹介)

鉄道だ~うたプリ号だ~(そんなもんがあるのかは知らん)。これ、もしかしなくてもロンドンでキングス・クロスかセント・パンクラスかそのあたり?もしかしなくてもマジLOVEキングダムはロンドンからのアクセスは容易?もしかしてマジLOVEキングダム、映画館より近くない(15時間vs数時間)?と一人で動揺する。
最初は足元しか出ていないのに(そして全員分かったわけではなかったのに)、この時点でもうワクワク感MAXで頬が緩んで仕方がなかった。メンバー紹介の一ノ瀬トキヤ様のキラッキラの笑顔に死ぬ1)恥ずかしくてあんまり主張してないんですが、はじめてゲームをしたときからトキヤ様派です。今回は恥を忍んで積極的に言及していきたいです。

OPグループ曲

ファンタジック☆プレリュード/ST☆RISH

白い王子様風の衣装がめちゃくちゃ好み……。ST☆RISHが動いてる、キラキラしてる、ニコニコしてる!と1回目はあっけにとられているうちに1曲目が終わってしまった。しかも1回目はいつ登場したのかもちゃんと把握できなかったので2回目にようやく把握した。
トキヤ様がキラキラしていてもうなんというかごめんなさいという気分になっていた。今でもこの曲を聞くと真斗様の「武者震いが止まらない」のところだけは脳内で映像が再生される(それ以外は脳内に焼き付けるのに4回では足りなかった)。

THE WORLD IS MINE/QUARTET NIGHT

もとからロック調でかっこいいなぁと思っていた曲ですが、やっぱりかっこよかった。殺陣がかっこいい!さすが先輩。初見時は2曲目で若干我に返れたため、現場のプリンセス/エンジェル諸先輩の一糸乱れぬコールの素晴らしさを実感した。

GIRA×2★SEVEN/HE★VENS

けしからん!(語彙力)
映画を見に行けそうな事が確定したときに慌ててダウンロード販売で購入し、あまりにもツボに直撃して移動中に3時間位この曲をぶっ通しで聞くなどのおかしな行動をとってしまった曲。なんというか、ギラギラしててかっこいい曲なんですよ!!!!(語彙力)登場の仕方も訳がわからないけどかっこいい。あと、この曲で「ギラギラギラギラ」って言うためだけにライブ上映選ぶのもありと思う。
HE★VENSで一人を選べと言われたら多分見た目から綺羅さんを選ぶと思うんですが(ぶれない)、ここの綺羅さん、ライブ中一番エロい振り付けしてましたね、けしからん。

スペシャルユニット曲

Up-Down-Up!/音也・藍・ヴァン

映画を見に行けそうなことが確定してから、シャッフルユニット曲も慌ててダウンロード販売で購入(以下同じ)。映画(ライブ)を見るまではどういう位置づけの曲かよくわからなかったところ、ちょっと近未来でかっこいい&ちょっとかわいい曲で楽しかった。「藍の提案したびっくりする振り付け」は、おおおお、と今まで開けたことのない扉を開けそうになった。

エゴイスティック/那月・蘭丸・瑛一

けしからん!(2回目)
ステージに鳥籠を作って、鎖で繋がれて囚われの身とかめちゃくちゃけしからん設定。見た瞬間ひぇっと悲鳴が出たのは私だけではないはず。鳥籠を蹴破るところもひぇっとなって動揺してしまった。高身長トリオがめちゃくちゃかっこよくて罪深かった……。
トークのオフモードの那月も罪深かった。

Feather in the hand/真斗・カミュ・瑛二

癒やしの波動が出ていた一曲、水も滴るいいアイドルがもうめちゃくちゃ麗しかった。水量がすごい。
MCもある意味一番破壊力があったのではないだろうか?という真斗様の一挙手一投足に翻弄される観客、カミュ伯にいじられる瑛二君と面白かった~。

相愛トロイメライ/レン・嶺二・綺羅

おおおお、これなんか宝塚のショーっぽいいいいいい好き、と思いながら見てたやつ。見る前はどんな位置づけかよくわかんなかったんですが、物語か~これはオタクが好きそうな舞台設定~(好き)、とワクワクしながら見てた。ユニット曲は基本がっつりアダルト路線がない(エゴイスティックが一番年上かな?)ところ、これが一番せめてたような気がする。
寸劇風なMCも良いものだった、落差がすごいさすがれいちゃん。

Colorfully☆Spark/翔・ナギ・シオン

これはどんな位置づけか見る前からわかってた!可愛さを主張するナギさんに翔ちゃんが押し切られるやつだ!絶対かわいい!かわいかった!翔ちゃんがかっこいい路線を目指しているのはわかる、実際かっこいい、でもミーハーなので可愛い翔ちゃんもみたい、というニワカ心をくすぐる一曲でした。かわいいにふりきるナギさん、見事に求められるかわいいをやりきる翔ちゃん、なんかよくわからんけどかわいいシオンさんの3人がかわいかった。

カレイドスコープ/トキヤ・セシル・大河

これも映像見るまで立ち位置がよくわからない曲だったところ、一ノ瀬トキヤ様の新境地~ありがとうスペシャルユニット(というかたぶん日向大和くん!)と思いながら見てました。
だって、今までのトキヤ様のポジションだと、こういう方向性じゃなくてこういう方向に進むのは音也さんとか翔ちゃんとかじゃないですか、それが、それが!アイドルのコンサートよくわからないんですが、マクロスFっぽいな(飛んでるから)と思いました。
MCで妙にトキヤ様のテンションが高くて、たぶんセシルさんと大和くんにつられてる(のとコンサート楽しいんだろうな)と思いました。ありがとうマジLOVEキングダム。

グループ曲2回目

愛を捧げよ ~the secret Shangri-ra~/HE★VENS

出だしが、めちゃくちゃかっこいい……順番に「愛を捧げよ」っていうところなんなの反則……瑛一さん強い、めちゃくちゃ強い(顔面力が)。吊り下げられたステージがぶーんと動くのがすごい、たぶんあんなの真上に来られたら正気でいられない自身がある。とにかくかっこいい、気絶しなかった現場のエンジェルすごい。

FLY TO THE FUTURE/QUARTET NIGHT

歯車のステージがかっこいい!どんな仕組みになってるのかわからないけど、あれは7人でやるとフォーメーションが大変そうなので4人だからこそできる演出だなぁと感心しながら見る。
曲中のアイコンタクトにひぇっとなりながら2)全編に渡ってひぇっとなってる観客、とくにかくかっこよくていろんなものに感謝するしかなかった。

ウルトラブラスト/ST☆RISH

こういうの待ってた!!!!!!
今までのすたりさんのピカピカキラキラみんな元気!な曲もいいんだけど、こういうギラギラのかっこいいすたりさんも見たかった!見た!ありがとうキングダム(2回目)というような曲でめちゃくちゃ満足。
すごい豪勢らしい炎の演出がすごいし、ギラギラかっこいいアイドルなすたりさんかっこいいし、音也くんのセンターアイドルの存在感がすごかった。

全体曲

マジLOVEキングダム

出だしの歌詞がとても好きなんですが、そして多分以降も全部好きなんだとは思いますが、最初は歌詞にも意識が向いているものの次第にそれどころじゃなくなってしまったので早く音源を……3)セットリストCDは売り切れてたし、在庫が滞在中に復活することもなかった。。トロッコで各グループが他のグループのハンドサインするところ、EDでその写真出てくるシーンの写ってる順番がらしいなぁとほっこりしてしまうのもポイント。最後の最後にみんなが整列する直前、翔ちゃんが一人ちょっと遅れるところになんでか感無量になってしまった。あれは一番涙腺に来た。あと、ここでも一十木音也氏のセンター力が素晴らしかった。

Welcome to UTA☆PRI KINGDOM!!

2週目以降から追加されたというアンコール曲、2週目に見られてよかった!(追加されたという点と、特別要素がST☆RISHという点において)。みんながわちゃわちゃしながらステージを歩き回るのめちゃくちゃ楽しいし(前の方で見たときはマラカスの音も聞こえた気がする)、いろんなシーンにひぇっとなってた。一番ひぇっとなったのは、トキヤ様と音也くんのやつ、目を疑ったというか私よく生きて帰ってきたなと思った。

おわりに

公開時期が決まったときは見る予定がなかったので(スケジュール的に日本にいる予定がなかった)、これは無理かなぁと諦めていたんですが、いろいろあって(ちょうど会議にでないといけない出張予定ができそうだったので、映画公開ちょっとあとに会議がくるようあの手とかこの手とか使って、出張日程の調整を5月頃に一生懸命していた記憶がなくもない)、日頃の行いって大事だな!と思いました。

早くメディア化しないかなぁ……コマ送りで見たいし延々エンドレスで見たい。
「(たぶん)来年メディア化(BD/DVD化)するときに、宝塚の公演BDのように別アングルで各アイドル固定カメラの追加」を入れてくれたりする予定はないだろうけど、そういうスペシャルコンテンツがあれば私は泣いて喜ぶと思います。

とりあえず、メディア化するまでもう見られないので、公開されているPVを見て反芻して生きていきたいと思います。

「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」スペシャルライブPV

「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVEキングダム」スペシャルライブPV 第2弾

特に第二弾がすごい、アンコール曲以外全曲ハイライトでひぇっとなった瞬間がいくつか含まれているのでこれだけでもひぇっとなれる。

References   [ + ]

1. 恥ずかしくてあんまり主張してないんですが、はじめてゲームをしたときからトキヤ様派です。今回は恥を忍んで積極的に言及していきたいです。
2. 全編に渡ってひぇっとなってる観客
3. セットリストCDは売り切れてたし、在庫が滞在中に復活することもなかった。