クローディア、お前は廃墟を彷徨う暗闇の王妃 / 仲村つばき

本の感想, お気に入り, 作者名 な行仲村つばき

三きょうだいの王族により共同統治が行われているベルトラム王国の国王の一人で長兄のアルバートは、弟妹に一足遅れを取っている配偶者問題を解決すべく王妃探しを本格的に始める。アルバートは「(跡継ぎが望める)丈夫な女性」のみを条件とし、これまで通り自分の勘に従って王妃候補を探そうとするがなかなかこれといった女性を見つけられずにいた。そんな中、末弟のサミュエルの戴冠時の事件の始末で「病気療養」となっていた王太后の療養環境を改善すべく、王太后が地方の施療院へ移送されることになる。王太后を見舞ったときに出会った王太后の世話係のクローディアに己の直感を感じたアルバートは、早速彼女に求婚するが……

あれ、このシリーズラブコメだったかな?って思いながら読んでました!

ベルトラムの三きょうだい王・女王の長兄アルバートの嫁取り物語。長女、次男ときて長男のお話なので三人の最後だしこれで終わりなのかなーと思っていたんですが、本巻でくすぶっていた不穏な空気は解決されることなく、次巻の布石も各所に見られて三きょうだい世代はこの巻で終わりではなかった!という嬉しい誤算の1冊でした。

で、本題のアルバートのお話ですが。今回は陰謀的なところももちろん楽しかったのですが、押せばなんとかなると思っている自信満々のアルバートvsアルバートの想像の斜め上を行く対応で逃げるクローディアの攻防戦と言いますか、アルバートって実はポンコツ系……?と笑ってしまう各種やり取りが楽しい一冊でした。このシリーズはラブコメだったかな?いや違うぞと何回か既刊の空気感を思い出そうとしましたがだめでした。もうラブコメだよこれ……。
アルバートの王杖のウィルが、今までちょこちょこ出ている中でも味のある人だなぁと思っていたんですが想像以上に面白くて、主人の扱いが雑で要所要所おいしいところをかっさらっていました。ウィルの突っ込みというか雑な対応が、ラブコメ色を補強しているのは間違いない。

ラブコメラブコメとニヤニヤしながら読んでいたものの、根底にあるのは王位をめぐるどろどろした陰謀なので、たぶん次巻以降はまた割に容赦のない展開になるんだろうなーと、この一冊を大事に味わっておりました。多分出るであろう続刊も楽しみです。

クローディア、お前は廃墟を彷徨う暗闇の王妃
仲村つばき/藤ヶ崎
集英社オレンジ文庫【amazon/honto/BOOKWALKER】(2021/09)