本の感想, 作者名 た行富樫聖夜

前回の事件から一息つき、「お飾り」の王妃ロイスリーネはようやく城下の食堂での給仕のバイトを再開させた。しかし間を置かずして、とある事件の影響で大神殿から派遣された仮の神殿長ガイウスとガイウスが連れてきた聖女が王宮に新たな問題を巻き起こす。さらに、ロイスリーネが城下で保護した少女は神殿から追い出された聖女であるといい……

(表面上は)大きな事件前の一休みの事件でした。

本の感想, 作者名 さ行シロヒ

様々なトラブルから延期されていたカイゼルとツィツィーの結婚式の準備が本格化し、ツィツィーの花嫁衣装を作るために話題の仕立て屋を呼ぶことになる。そして時を同じくして、カイゼルがツィツィーのために手に入れた宝石のとある問題から、カイゼルの養父の領地に向かうことになったカイゼルとツィツィー。しかし、カイゼルと養父の関係はあまり良くないようで二人の関係にツィツィーはこころを悩ませる。

相変わらず二人とも可愛らしくてほっこりしました。

本の感想, 作者名 ま行桃春花

以前事件に巻き込まれて友人となった隣国の公子ルシオと王宮で再会したマリエルは、年末のイベントを前に華やぐ街をルシオにも楽しんでもらおうとその人脈を駆使してルシオが安全に街歩きができる状況を整えた。一方、ルシオが他国で知己を得ることをよく思わないルシオの故国の面々は、ルシオをマリエルから遠ざけるためにマリエルに対して小細工を弄してきた。

折に触れてダダ甘なシメオン様にお腹いっぱいだよ……(褒めてます)

本の感想シロヒ

小国ラシーから大国ヴェルシアの皇帝の第一妃として迎え入れられたツィツィーは、他人の心の声が聞こえてしまうという不思議な力を持っていた。冷酷無比と周囲から恐れられる皇帝ガイゼルの心の声は他の人の声よりはっきり聞こえ、ツィツィーにベタ惚れ状態であるという状況にツィツィーは翻弄される。

可愛いお話だなーと思わせて中盤以降は結構ジェットコースターだったのが良かった。

本の感想, つれづれまとめ

例年は十選とかなんとか書いてましたが今年はあまり読めておらず……振り返り的に少しご紹介という体で例年通りのことやります。

つれづれ

新年明けましておめでとうございます。
今年もゆるゆるモードはほぼ確定しておりますがよろしくおねがいします。

昨年掲げた2021年の目標、「無事に放牧を終える」は目標を達し日本に戻っております。
異動(元の部署に戻っただけ)翌月から時間外100時間も目前とかいう相変わらず最悪な労働環境なので本当にひっどい会社ですね…………。世間一般的な黒い会社と比較したら超ホワイトと思いますけど、うちのかいしゃのくるみマークとかPRしてるじょせいかつようとかは一部のいいように使われている社員の犠牲の上に成り立っているのだ……。
お仕事面での私の中長期的な目標は楽隠居なので存在感を消して生きていきたいです。

それ以外のところでは、色々やらないといけない事務手続きとお家のお片付けが山積みなので、ぼちぼちとやっつけていきたいのと、健保の保険適用前の金額見てひっくり返った病院のあれこれがあともう一回あるので、無事乗り切りたいです。

総論としては、健康に生きたい。

本の感想, お気に入り, 作者名 か行久賀理世

同盟国への輿入れ中に命を狙われ、いろいろあって娼館に売り飛ばされたところを同じ境遇の少女たちとともに逃げ出した王女アレクシアだが、他の少女たちを逃がすためにアレクシアは再び捕まってしまう。そんな彼女を助けたのは、アレクシアとそっくりの女優ディアナの劇団仲間のリーランド。アレクシアはディアナを助けたつもりのリーランドとともにディアナと合流することを目指すことになる。
一方、一命をとりとめたアレクシアの護衛ガイウスは「アレクシア」の元に戻るが、アレクシアの身代わりをしているディアナを偽物と見抜く。ガイウスはアレクシアの命を狙った黒幕を探りながら「アレクシア」の護衛としての任務に引き続き当たることになった。

一難去ってまた一難だけど近付くことは近付いてるので……

本の感想, お気に入り, 作者名 な行仲村つばき

三きょうだいの王族により共同統治が行われているベルトラム王国の国王の一人で長兄のアルバートは、弟妹に一足遅れを取っている配偶者問題を解決すべく王妃探しを本格的に始める。アルバートは「(跡継ぎが望める)丈夫な女性」のみを条件とし、これまで通り自分の勘に従って王妃候補を探そうとするがなかなかこれといった女性を見つけられずにいた。そんな中、末弟のサミュエルの戴冠時の事件の始末で「病気療養」となっていた王太后の療養環境を改善すべく、王太后が地方の施療院へ移送されることになる。王太后を見舞ったときに出会った王太后の世話係のクローディアに己の直感を感じたアルバートは、早速彼女に求婚するが……

あれ、このシリーズラブコメだったかな?って思いながら読んでました!

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行茉雪ゆえ

結婚を間近に控え、準備のためにクラヴィス領に向かったアウローラは、次期当主の花嫁として歓迎を受ける。そして同時期にクラヴィス領に大量発生する「妖精」の噂を聞きつけ、王太子夫妻までもがクラヴィス領にやってくる。侯爵家次期当主の結婚ということもあり、準備(と王太子一行への対応)に追われるアウローラだが、忙しい日々を送る中フェリクスに贈られた指輪を紛失してしまう。

どんなトラブルが起きてもたぶん最後はお幸せに!だろうと信じられる安定感が素晴らしい。

本の感想, 作者名 ま行三角くるみ

香港の領事館に赴任している新人外交官の水城秋穂は、自分の職種に求められる役割と、新人かつ女性という理由から実際に割り振られる仕事との乖離に悩みつつも日々業務に取り組んでいた。ある日、領事館に妻が突如行方不明になったという男性が相談にやって来る。紆余曲折を経て警察から出向している木内とともに行方不明事件に関与できることになった秋穂だが、事件の黒幕である香港の有力黒道組織の幹部・袁立花に気に入られてしまう。

スリルとサスペンスと重たい愛のお話