本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

花蓮に皇太后毒殺未遂の容疑がかかり、天倫は急ぎ花蓮を実家に帰し、花蓮の周囲の人物に花蓮が後宮に上がったことは夢と思わせておくように言い含め、その間に事件を解決しようという「夢オチ作戦」を敢行する。しかし、花蓮は自分が後宮に、そして天倫といたという証拠を必死に探し始める。

陛下が!残念じゃない!

本の感想, 作者名 や~わ行・他山本瑤

義母に虐げられていたところを、実母の元婚約者ラウールに救われたソランジュは、スイスにある全寮制の女子校に入学する。ソランジュが学園生活にもなんとか慣れた14歳の時に、学園に転校してきた奔放な美少女アレクザンドラがソランジュの寮の同室となる。アレクザンドラに振り回されるソランジュだが、次第に打ち解け合ううちにアレクザンドラが何者かに命を狙われることを知る。

21世紀の「プリンセス」のお話、面白かったー。これはよい少女小説。

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

鳴鳴の素性が明らかになり、手元に残しておきたい皇太后の思惑で早速鳴鳴の縁談が進められることになってしまう。鳴鳴の意思に反してする展開に怒る花蓮は天綸との絶好を申し渡すが、天綸も皇太后に逆らうことができず……

侍女殿と宰相殿が……!(ふたたび

作者名 や~わ行・他山本瑤

人付き合いより馬づきあいのほうが好きなケイトリンが暮らすモルガンウッグの農地に、領地を相続した領主・ロウランド王国の第二王子エリスが訪れる。ケイトリンが幼いころ生き別れた家族を助けるために、エリスの居城にあるらしいとあるものをもらうことを条件に、ケイトリンはエリスの「偽物の婚約者」として問題を抱えているエリスの居住地エイヴァロンに向かうことになる。

素直になれない王子様というのはよいものなのです。もふもふ。

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

とりあえず僻地に流刑にしておいた稜王が何者かにさらわれたという知らせを受けた天綸は、届いた脅迫状の意味不明な要求に頭を悩ませる。天綸からことの次第を聞き出した花蓮は、得意の妄想でさらわれた稜王はここ景遥にいるという結論を下す。

侍女殿と宰相様が……!

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

クロウに偽嫁であることがバレていたことに気付き混乱中のフェルはクロウに連れられ中央教会に向かう。そこでフェルに追い打ちをかけるように誓約を解除するとクロウが言いだし混乱に拍車がかかるフェルだが、当初の目的通りひとまずは教会でクロウの弟が残したと思われる手がかりを探すことになる。しかし、教会内では謎の増改築が絶え間なく行われており、不穏な空気が流れていた。

今回もご馳走様でした。

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

鏡王朝の復活を目論む白家が担ぎ上げようとしている唯翔がなぜかアイドル候補生担っていることを知り、唯翔の動向を見守るという大義名分を得て皇帝・天綸までもが唯翔と同じプロジェクトに参加することになる。一方、花蓮は天綸と会えない寂しさをおなじみの街歩きで紛らわしていた所、芳蘭に紹介されて花蓮好みの美女とお知り合いになる。

あ、あほすぎる……!(全力で褒めてる)

本の感想, 作者名 や~わ行・他悠木美羽

若くて身分があって見た目も良くて文武両道な上に王太子の腹心というユーグスト・パウエル公爵は、特定の相手がいないということもあり宮廷でご令嬢たちの熱烈なアプローチを受けていた。そんなユーグストは宮殿の片隅で偶然「可憐な少女」にぶつかってしまう。彼女が立ち去った後に残されたのは、ユーグスト本人に対するなんとも辛辣な報告書だった。

ユーグストさんが報われないピュアボーイで切ない。

本の感想, 作者名 や~わ行・他渡海奈穂

花竜を倒す勇者兼婿探しに身分を隠してデイン公国の騎士団に潜入したリカリプス公国の王女リナは、騎士に昇格し、一緒に昇格した仲間たちと魔物退治に出るようになっていた。そんな中、リナにリカリプスの竜が目覚めそうであること、そしてその竜を倒すために帝国が「兵器」を使うことを通達してきたという報告を受ける。国を焦土にしないために、リナはデイン公や仲間達の力を借りて帝国より先に竜と対峙する方法を模索する。

やっぱり!というところに落ち着いて満足ー。

本の感想, 作者名 や~わ行・他渡海奈穂

リカリプス公国の王女リナは花竜を倒すことのできる花婿探しに来たが、候補となりそうな騎士たちは癖の強いものたちばかりだった。騎士隊対抗の模擬戦が近づき、精鋭部隊の打倒に燃えるリナ達の隊は、リナに鍛えられた成果もあり周囲が驚くほどの快進撃を続ける。

やっぱりあの人かー(最悪のプロポーズ)。