本の感想, 作者名 か行如月天音

カメリアード王国のグウィネヴィア姫は、両親と腹心の侍女しか知らない「秘密」があったが、アーサー王の求婚に応じブリテンに嫁ぐことになる。アーサーと無事「家族」になったグウィネヴィアはアーサーとも秘密をわかちあうことになるが、アーサーの騎士になるためにブリテンにやってきたランスロットにも秘密を知られそうになる。

確かに、「許されない恋物語」ではなかった。

作者名 か行喜多みどり

19世紀末、奨学金を得て英国の男女共学のパブリックスクールに入学した亜夜子は、ロンドンの街中で彼女を助けた不思議な青年・レイと学校で再会し、かれのファグになることになる。「切り裂きジャック」とも恐れられるレイのファグとして忙しく働くことになる亜夜子は、学園で起きた謎の変死事件の真相を追うレイの手伝いをすることになる。

19世紀末のイギリスというだけで心躍るものなのです。

本の感想, 作者名 か行木村千世

皇帝暗殺未遂の手引をしたと目される葉家の当主からの面会の依頼を受け、蒼月は朧月を連れて葉家・冬泉に向かう。冬泉は朧月よりも年下の少年で、朧月たちは当主からこの事件の手引をした理由を聞かされる。一方、謎の暗殺者に心当たりのあるという星彩は、ついに朧月たちに自身が幽鬼となる前の人生を語る。

星彩さんの生前は結構ハードだなぁ。

本の感想, 作者名 か行香月沙耶

ルシアの弟ミゲルが行方不明になったという知らせを受け、イザークは守護者たちを連れてルシアの故国オルストンに向かう。ルシアたちが到着したその日にミゲルが発見され、イザークはオルストンの人びとが催すささやかな宴でルシアが育った環境を実感する。

家族以上恋人未満、な微妙な関係がよいものですねぇ。

本の感想, 作者名 か行かたやま和華

女学生の月子は縁あって銀座の路地裏にひっそり佇む洋館にある「紫陽花茶房」で放課後アルバイトに勤しんでいる。茶房のオーナーはイギリス伯爵家の御曹司で母親が日本人の紫音(自称魔女の孫)。紫音は店にやってくる訳ありの客達を夜のお茶会に誘い、魔法のお茶を振る舞っていき……

北斎(猫)がかわいい。

本の感想, 作者名 か行木村千世

国軍の「双璧」から皇帝襲撃の事件の真相を探るように指示された蒼刻は、朧月や張さんらとともに犯人探しを開始する。ひきこもりの夢を抱きつつも蒼刻とともに行動する朧月だが、調査中に襲撃犯の「黒幕」の妨害にあい……

もうこれ、じゅくねんふうふの領域……

本の感想, お気に入り, 作者名 か行霧島まるは

都の上層部に目をつけられ、地方都市に左遷されてきたウリセスは、父親がウリセスに助けられたというレーアと結婚することになる。結婚当日まで顔すら合わせなかった二人だが、不器用ながらも少しずつ夫婦になっていく二人に、レーアの兄弟とウリセスの兄妹が様々な騒動を引き起こす。

おもしろかったー!不器用なふたりにほっこりした。

本の感想, 作者名 か行香月沙耶

幼いころ聖王候補に命を救われたルシアは、研鑽を重ね晴れて聖王の守護者になったはいいものの、当の聖王は女のルシアを守護者とは認めず国に帰れとの一点張り。他の守護者のサポートもあり聖地にとどまり聖王に認められようと更に研鑽を重ねるルシアだが……

子犬系脳筋娘と、ひねくれ系悩める青年のずれたやりとりが、なんとも(好きです)。

本の感想, 作者名 か行九月文

大珂国の斎宮の「長子」として大珂の宮殿に乗り込んだスメラギは、皇帝の子として認められることは保留となり、命を狙われる日々を過ごしていた。そこにローレンシアの大使としてシリス、斎宮の第二子としてアズィール、そして身分を隠してルーシェが大珂にやってくる。なかなか前に進まない状況に、スメラギは黄龍の託宣を受けることを決意する。

だいぶ駆け足の最終巻、でちょっと残念かな。

本の感想, お気に入り, 作者名 か行斉藤百伽

迫害された魔女の末裔のリュリは人里離れた山奥で暮らしていたが、隠遁生活に嫌気が差し街にでてきてその能力を活かして「音箱」を売って生活していたが、音楽にすべてを捧げる変人王子ユトに捕まってしまう。音を封じる能力を持つリュリを理想の女性とし、いきなりリュリに求婚してきたユトに引きずられてリュリはユトの元で「お妃教育」を受けることになってしまう。

そうそう、こういう話が少女小説だよ!と握りこぶしで読んだ作品でした。