本の感想, 作者名 ま行宮野美嘉

嫁ぎ先の伯爵家の当主ジェイクに恋をしたサアラだが、ジェイクは相変わらずサアラのアタックには無頓着であった。ある日、サアラが目を覚ますとジェイクは領地の外の幽霊問題を解決するためい一人出て行ってしまった後。数日間はおとなしくしていたサアラだが、程なくしてジェイクを追いかけることにする。

恋するサアラが可愛いのに、どこか怖いのがこのシリーズの醍醐味だな、と。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

少女小説家としてデビューを飾ったアデルは次の作品の執筆のため、オスカーにツンデレを演じさせようとするなどあの手この手で取材を重ねていた。そんな中、アデルの通う学園とオスカーの家にある美術品が世間を賑わす泥棒に狙われるという事件が発生する。絶好の取材のチャンスにアデルは飛びつき……

オスカーおぼっちゃま、おいたわしい……(でも楽しい)。

本の感想, 作者名 あ行宇津田晴

庶民育ちの王女ローズは、「働いていないと生きていけない」という勤労魂を満足させるべく、宗主国アクア王国で社交界デビューを飾ることになる。国のために人脈を築き、良い結婚相手を探すことを目的にアクア王国に乗り込んだローズは、そこで幼いころ共に過ごした幼馴染アンディと再会する。

宇津田さんはやっぱり鉄板だなぁ……

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行乙川れい

猜疑心をこじらせた王様の契約王妃生活もあとすこしというところで、周囲から延長(むしろ期間の定めのない関係)を求められるエステラ。期間満了後は修道女になることをあらためて強くするエステラだが、ある夜怪しい集団にさらわれてしまう。連れて行かれた先では、エステラが修道院に預けられ、また契約王妃として王宮に上がったことにも関係する背景が明かされて……

相変わらずのこじらせぶりが面白かったです。

本の感想, 作者名 か行木村千世

兄の誘拐事件の首謀者である緋鷹が朧月の前に現れ、朧月にこれ以上事件に関与しないよう脅される。一方、蒼刻は反乱を鎮圧するために奔走するが、向かった先で苦境に立たされる。

おおおお、盛り上がってきた!と思ったら本編が短かったです。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行嬉野君

育ての祖父が急逝し、異母兄・三ツ野冬基に引き取られ、冬基と三ツ野家の養子カイト暮らし始めた桃。今まで存在も知らなかった兄たちと徐々に絆を深めていく桃だが、桃が通う女子校で怪異の噂が流れ始める。(花と博士と吸血鬼)

桃ちゃん、末恐ろしいなぁ。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行新海誠

山間の田舎町に住む高校生の三葉と東京に暮らす瀧は、それぞれがそれぞれに入れ替わって一日を過ごすという不思議な体験を繰り返す。ある日を境に、二人の入れ替わりが途切れてしまい、焦燥感に駆られた瀧は、記憶をたぐり三葉の住む町を目指すが……

いいもの読んだー

本の感想, 作者名 か行香月沙耶

ごくごく普通の人間リッカは、魔法の能力をもつ王女の付き人兼学友として、「魔物」としての能力を持つ者たちが人間の中で生活できる能力を身につけるために学ぶ学院に入学することになる。リッカたちの真の目的は、実母である元王妃に「さらわれ」てしまった王子を見つけ出す、ということ。しかし、元王妃に姿をかえられているらしく、王子はなかなか見つからなくて……

普通の人が異能の中に放り込まれたらそりゃ困るよね、というお話でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 た行富樫聖夜

リーフィアをつけねらう魔法使いアーネルの過去を知ったリーフィアとエーヴェルト。当時の背景を探るべく、リーフィアの祖父の屋敷に残された手がかりを探すことになる。また、同時期に開かれる予定の王妃主催のバザーの準備に奔走するリーフィア達だが、城内にアーネルが侵入しバザーの当日に最後の攻勢をかけてくる。

きれいに大団円でよいものでした。

素人の観劇日記宝塚, 星組

星組さん北翔さん・妃海さんの退団公演を観てきました。
和物ということは知ってましたが西郷どんに関係する明治維新前後の話と知ったのが開演1.5時間前(移動中の公式サイトチェック)という体たらくでしたが、最後の最後は目から変な汗がでかけた!という油断してたら大変なことになった公演でした……薩摩言葉難しかったけど。