本の感想, お気に入り, 作者名 ま行桃春花

亡くなった王弟アンブール公の妃の相談に乗るために国境近くの地方都市である王領を訪れる王太子セヴランに同行することになったマリエルとシメオン、そしてジュリエンヌ。セヴランの従妹でもあるアンナ公女にも出迎えられ、歴史のある城に滞在する一行だが城には様々な怪談があった。アンブール公が亡くなってから謎の呼び鈴が鳴り、この呼び鈴をアンブール公からの警告だと恐れる妃は一刻も早くサン=テールに戻りたいと訴える。

総じて男性陣が女性の尻にしかれているのがよい(というお話)。

本の感想, 作者名 ま行桃春花

以前事件に巻き込まれて友人となった隣国の公子ルシオと王宮で再会したマリエルは、年末のイベントを前に華やぐ街をルシオにも楽しんでもらおうとその人脈を駆使してルシオが安全に街歩きができる状況を整えた。一方、ルシオが他国で知己を得ることをよく思わないルシオの故国の面々は、ルシオをマリエルから遠ざけるためにマリエルに対して小細工を弄してきた。

折に触れてダダ甘なシメオン様にお腹いっぱいだよ……(褒めてます)

本の感想, 作者名 ま行桃春花

ラグランジュのアンリエット王女の婚約者でラビア大公国の公子リベルトがラグランジュを訪問する。王女の婚約者として完璧なリベルト公子であったが、「リュタンの予告状騒動」や「ラビア公子の想い人騒動」が勃発し、王女と公子の婚約に暗雲が立ちこめてしまう。

「デレない腹黒はいない」、これは真理・・・・・・

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行桃春花

義両親と義弟とともに地方の親戚宅を訪れ葬儀に参列することになったマリエルだが、そこに仕事で王都に残っていたはずのシメオンが、ある事件を追って近衛隊の一隊とセヴラン王子とともに現れる。マリエルを事件から遠ざけようとするシメオンだが、最終的には隣国の王位継承問題に絡む事件にマリエルも巻き込まれてしまう。

マリエルが絡むと少々ポンコツなところを発揮してしまうシメオン様が良いものでした……(※仕事はちゃんとしている)

本の感想, 作者名 ま行桃春花

かねてからセヴラン王子よりアタックを受けていたマリエルの親友ジュリエンヌが、ついにセヴランの母である王妃と面談することになる。その関係で女官として城に上がることになったジュリエンヌの付添でマリエルまでもが臨時で城勤めをすることになってしまう。

大層キュンキュンゴロゴロでごちそうさまでした……(ゴロゴロしすぎて疲れた)

本の感想, 作者名 ま行桃春花

シメオンと無事結婚したマリエルは、新婚旅行を兼ねてシメオンの祖父に挨拶するためにフロベール家の領地の一つである離島に向かう。船旅を満喫していたマリエルだが、海賊の襲撃とフロベール家の荷物に対する疑惑とまたトラブルに巻き込まれてしまう。

本の感想, 作者名 ま行桃春花

結婚式2日前にマリエルとシメオンは注文した結婚指輪を取りにいくが、そこで窃盗事件に巻き込まれてしまう。このトラブルを発端として、マリエルとシメオンは結婚式当日まで会場にたどり着けるかどうかのギリギリの状況に陥ってしまう。

ちゃんと結婚式できてよかったね……と涙を拭いそうになった。

本の感想, 作者名 ま行桃春花

結婚に向けて着々と準備をすすめるマリエルとシメオンだが、シメオンに背任の容疑がかけられてしまう。シメオンとの連絡が取れなくなる中、なんとかしてシメオンの容疑を晴らそうとマリエルは独自に行動を起こす。

シメオンさんちの弟2人がいい味出してますね……

本の感想, 作者名 ま行桃春花

無事シメオンとの婚約を続けることになったマリエルは、セヴラン王子の婚約者探しを手伝うことになる。セヴランがアタックをかける令嬢ミシェルとの婚約準備が内々に進むことになり、二人の仲を取り持つ事になったマリエルだが、ミシェルはどうやら乗り気でないようで……

マリエルに振り回されるシメオンにご愁傷さまとしか言えない。

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行桃春花

趣味と実益を兼ねて人間観察を日々楽しんでいる地味で目立たない子爵令嬢マリエル・クララックに誰もが憧れる近衛騎士団副団長シメオンからの縁談が持ち込まれる。どうして自分にこの縁談が申し入れられたかがよくわからないマリエルだが、近くで美味しい素材を堪能できる役得を満喫するために申し入れを受け入れ、シメオンのかっこよさ(とそこから派生する妄想)に悶絶する日々を送ることになる。

とても楽しいラブコメでした。好き。