本の感想, お気に入り, 作者名 あ行藍川竜樹

辺境の修道院に預けられ、修道院の運営費用を稼ぐために「聖女」を演じ続けているルチア。ルチアの血に奇跡が宿るという設定のため、常に貧血状態で死にかけていたルチアだが、ある日修道院に皇太子クラウディオが訪れ、ルチアを連れて教皇に面会しにいくという。偽物聖女であることがバレる前にクラウディオのもとから逃走しようとするルチアだが、クラウディオと行動するうちに……

引き続きおもしろかったー!

本の感想, 作者名 あ行秋杜フユ

魔術師の元締め、かつ現王太子妃の実家・ルビーニ家に引き取られ実の娘同然に育てられたアメリアは、お世話になっているルビーニ家への恩返しのためと、ルビーニ家と付き合いのある商会の主(かつルビーニ家の親戚)との結婚を考える。アメリアを溺愛する兄二人は、アメリアの結婚には大反対で……

初手のお陰でお兄ちゃんが逃げ切ったお話。

本の感想, 作者名 あ行秋杜フユ

政略結婚でアレサンドリアに嫁いできたティファンヌ。釣り合う年齢の男性独身王族がアレサンドリアにいないということで、光の巫女の専属騎士レアンドロに嫁ぐことになったティファンヌだが、レアンドロからはティファンヌは光の巫女の次、二番目にしかなりえないということを早々に宣言される。故国で地味に目立たず暮らしていたティファンヌはこれ幸いと腹心の侍女を連れて趣味の覗き見(と妄想)に励み……

コメディと思ってたらシリアス展開で不意をつかれました。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行藍川竜樹

拡大をつづけるブルク帝国の花嫁として嫁ぐことになったアルディナの王女ヘルミナだが、彼女自身はこの年まで生きていること不思議なくらいの虚弱体質かつ病気持ちだった。ブルク帝国に半死になりながらたどり着いたヘルミアは、結婚の日までの世話係としてヘルミナ付となったカエサルが皇帝への反旗を翻そうとしていることに気付く。カエサルの同士として自分を迎えるようもちかけたヘルミナをカエサルは……。

おもしろかった!少女小説ヒストリカルロマンはよいものだ……!

本の感想, 作者名 あ行御永真幸

王立警察の出世街道の先頭をはしっていたジークだが、一つのミスから雑用係として有名な「シグザール警察刑事課・十三区特別命令班」に左遷されてしまう。そこでのただ一人の同僚イリスは、持ち込まれた依頼を朝から晩までこなしている。警察官になった理由になにやら黒いものがあるらしいイリスだが、ジークはだんだんイリスのペースにまきこまれていき……

サブタイトルが秀逸だなぁという作品でした。続き読みたい。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行宇津田晴

無事恋人同士になったマリアーヌとロベルトだが、噂が先行し、マリアーヌは実家から勘当の通告を受けてしまう。なんとか実家の疑いをマリアーヌが晴らそうとする中、マリアーヌの故郷があるシノンで謎の盗賊団が各地を荒らし回っているという情報がもたらされる。ロベルトが一計を講じ、マリアーヌとともにシノンの救護に向かうことになり……

だいぶ間が空きましたが、きれいに完結の第3巻でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行石田リンネ

フリートヘルムが起こしたクーデターの中、メルディとアストリッドとともになんとか王宮を脱出したレティは、囮になるアストリッドと分かれてメルディと二人で逃避行を開始する。一方、フリートヘルム派に軟禁されたレティの騎士たちは、それぞれの立場で行動を開始して……

最終章開始の一冊、いつもながらに面白かったです。

本の感想, 作者名 あ行宇津田晴

庶民育ちの王女ローズは、「働いていないと生きていけない」という勤労魂を満足させるべく、宗主国アクア王国で社交界デビューを飾ることになる。国のために人脈を築き、良い結婚相手を探すことを目的にアクア王国に乗り込んだローズは、そこで幼いころ共に過ごした幼馴染アンディと再会する。

宇津田さんはやっぱり鉄板だなぁ……

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行乙川れい

猜疑心をこじらせた王様の契約王妃生活もあとすこしというところで、周囲から延長(むしろ期間の定めのない関係)を求められるエステラ。期間満了後は修道女になることをあらためて強くするエステラだが、ある夜怪しい集団にさらわれてしまう。連れて行かれた先では、エステラが修道院に預けられ、また契約王妃として王宮に上がったことにも関係する背景が明かされて……

相変わらずのこじらせぶりが面白かったです。

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行嬉野君

育ての祖父が急逝し、異母兄・三ツ野冬基に引き取られ、冬基と三ツ野家の養子カイト暮らし始めた桃。今まで存在も知らなかった兄たちと徐々に絆を深めていく桃だが、桃が通う女子校で怪異の噂が流れ始める。(花と博士と吸血鬼)

桃ちゃん、末恐ろしいなぁ。