本の感想, 作者名 た行都木杏奈

雪の女王に支配され、寒冷化が進む国。猫妖精と人間のハーフのプレシャは、幼いころ名前をつけてくれた恩人の騎士・カインとの再会の日を楽しみにしていたが、約束の場所でとらわれてしまい、奴隷として市場に売り出されてしまう。そんなプレシャは運よくフェンネルと名乗る青年に買われ、フェンネルが教官を務める女王の女官学校に通うことになる。その学校で、プレシャは女王の側近にカインそっくりな人物を見つけてしまう。

かわいいお話でした。

本の感想, 作者名 た行高山ちあき

ようやく弘人と気持ちを通じ合えた美咲だが、彼女の元に天狗からの求婚が届く。天狗の求婚を断ると、末代までたたられるといい、新たにでてきた問題に頭を悩ます美咲。そしてその求婚の予告より前に、美咲の元に当の天狗が現れ、美咲を天狗の里に連れ去ってしまう。

弘人-却-雁木小僧のトリオが面白い気がします。

本の感想, 作者名 た行谷瑞恵

テランの追撃を振り切り、妖精国に向かったエドガーとリディアは、少人数で妖精国に上陸することにする。そして、スワンの船に残った一行は意外な密航者に翻弄される。

クライマックスに向けて盛り上がってきたなぁ。

本の感想, 作者名 た行時生彩

カナエの持つ「力」を巡って、彼女の力を生かすべきだと考える神殿や貴族。一方、サジエルはカナエの力が、カナエの命を削るものだと言うことを知り、これ以上力を使わないようにカナエを説得する。カナエと同じ境遇だったアギの妻に話を聞くために、ようやくゆっくりあう時間をもてたカナエだが、アギとマーシャの三つ子に振り回される。

三つ子かわいいな。

本の感想, 作者名 た行月本ナシオ

アイリたち対策室の一行は、因縁の地・ミッドパレスを訪れる。滞在先となったのはハイヅカの実家だが、ハイヅカの存在はまるでないように扱われることにアイリは疑問を感じる。そして、ミッドパレスの守護物調査中に、ハイヅカと離れたアイリは、コゲツの罠にかかりダリウスらとともに捕らわれてしまう。

ハイヅカ……罪作りな……。

本の感想, 作者名 た行智凪桜

浅井三姉妹の次女・初は、玉の輿に乗ることを夢見ていた。そんな彼女に、名門京極家を若くして継いだ高次に会えるというチャンスが訪れる。意気揚々と京極家に向かう初だが、実は京極家は貧乏暮らしの真っ最中で……

京極家の女性陣が強烈。

本の感想, 作者名 た行高山ちあき

美咲のムコ候補・弘人が美咲の家に下宿することになり、弘人に惹かれる美咲は心臓に悪い日々を送っていた。そんなふたりの元に、弘人のもう一つの婿入り先候補の跡取り娘である静花が現れる。美咲をライバル視する静花だが、隠り世がらみの事件を一緒に解決するために美咲に助力を求めて……

静花さん好きだなぁ……思ったより出番なかったんですが。

本の感想, 作者名 た行高見雛

国立錬金術アカデミーで万年次席のイルゼは、急にアカデミーを辞めてチョコレート職人になると飛び出した主席のアニカを呼び戻すため、アニカが弟子入りしたというチョコレート屋さんに向かう。そのチョコレート店は、採算度外視の超安値でおいしいチョコレートを作る兄弟がいるという評判の店で……

まさかの、年の差もえ(すいませんすいません)

本の感想, 作者名 た行月本ナシオ

血まみれの花嫁衣装を着て、記憶を失っていたいちきは、彼女に迫るカルディアから逃げ出したが、すぐに「いちきと言い交わした仲」という青年・百雷に助けられる。断片的に記憶を取りもどしていくいちきだが、百雷のことはなかなか思い出せずにいるものの、百雷の助言に従い都を目指す。

口うるさい同僚君が……一番好き……。

本の感想, お気に入り, 作者名 た行多崎礼

夢売りが語る「彩輝晶」の次のふたつの物語は、光神王の後宮に入り、滅ぼされた故郷への復讐を果たそうとする一人の女性の物語の「紅輝晶」、そして王になるために騎士を目指す少女を守る、一人の騎士の物語「黄輝晶」。

ふたつとも、なんと言葉にしたらいいのか分からない圧巻の物語でした。