本の感想, お気に入り, 作者名 な行永瀬さらさ

植物の育たなくなった大地で、唯一植物を育てることのできる手立ては「精霊歌」のみとなった世界で、ミュズラム王国では力のある精霊歌を歌う者たちを「精霊歌士」に叙し厚遇していた。精霊歌士を育てるムーサ音楽学院の入学試験に合格できず、予備学生としてムーサ学園都市で生活することになっったメロウは、予備学生への支援制度を利用して「野菜屋」を営みつつ精霊歌士を目指すことにするが、ムーサ音楽学院の首席新入生エイディがメロウの借りた家に住み着いてしまう。

おー、これは面白かった。好みです。

本の感想, 作者名 な行夏目翠

常に喪服と仮面を着用し金貸し業を営む未亡人のリリアナは営業許可を維持するために結婚することを迫られる。債権回収に向かった先で保護した訳ありのジョシュア(身元不明の美少年)をその役に仕立てあげることにしたリリアナは、ジョシュアが「盗んだ」という宝石絡みのトラブルに巻き込まれる。

したたかになりきれないリリアナが面白かったです。

本の感想, 作者名 な行仲村つばき

収穫祭で優勝をもぎとったサディーンのギルドは優勝賞金をもらいに王宮の乗り込んだが、そこで待っていたのはサディーンの王籍を復活させるという国王の一方的な宣言だった。王宮から出られなくなったサディーンは一旦ギルドから離れるという選択をするが、同じ頃行方をくらました第二王子(の側近)が企てる反乱が勃発し、第一王子アフガットはサディーンにある提案を持ちかける。

大方のところで大団円。

本の感想, 作者名 な行長尾彩子

女学校に通う結花里は年下の婚約者・薫から手紙の返事がないことに不安を感じ、友人の双子にけしかけられて薫がこもっているという櫻居家の別邸に乗り込む。そこで結花里は普段は薫のお陰で見えていない櫻居家に取り付く「妖怪」を見てしまい……

にぎやかでかわいらしいおはなしだなぁ。

本の感想, 作者名 な行仲村つばき

サディーンのギルドに残ることを決めたシェヘラだが、ギルドの中で自分の立ち位置をなかなか見つけられず、仲間たちの仕事を手伝っていた。ギルドは収穫祭に参加するため首都に向かい、舞姫の衣装を整えるという大きな仕事に取り組んでいた。サディーンは秘宝と呼ばれる宝石を借りその仕事に臨むが、サディーンの担当した舞姫が「シャフリヤール」に攫われてしまうという事件が勃発する。事件への関与が疑われたサディーンは、シェヘラとともに事件の真相を探るが、同じく国王から事件を解決するよう命じられた第一王子と共同戦線をハルことに鳴る。

あ、なんかかわいい(シェヘラが)。

本の感想, 作者名 な行仲村つばき

魔神の父と巫女の母を持つシェヘラは、盗賊に強奪された「父の入った」魔法のランプを探す途中に砂漠で遭難の上人さらいに攫われかけるが、通りがかりのギルドの長・サディーンに助けられる。サディーンにはシェヘラに救助料を請求するが、その後なんのかんのとシェヘラの捜し物に付き合ってくれて……

一番男前なのは魔神パパだった。

本の感想, お気に入り, 作者名 な行薙野ゆいら

留学生としてソフィアとアレクシスの前に現れたルーカスは〈闇の書庫〉に敵対する〈黄昏の処刑者〉の構成員だった。ソフィアの持つ力と、アレクシスのその出自から二人を勧誘するルーカスに対し、シリスから密命を受けた二人はルーカスの話に乗る素振りを見せることになる。

綺麗にまとまった良い最終巻でした。

本の感想, 作者名 な行西本紘奈

父親と二人暮らしの苦学生・真十は切り裂き魔に襲われていたところを、藤原史と名乗る男子高生に助けられる。真十本人が気づいていない力に目をつけた史は、真十を守ることと引き換えに、彼女を半ば強引に彼が理事として名を連ねる名門・藤陵学院に転校させる。藤陵学院は平安時代から続く異能集団のための学園でもあり、史のために真十は修行を積むことを約束するが…

真十ちゃんが前向きで面白いな。

本の感想, 作者名 な行仁賀奈

父を亡くし奉公先で虐げられていた手鞠は、幼いころ結婚の約束を交わした頼重と偶然再会する。頼重により彼のもとに引き取られることになった手鞠は、なぜか父が逃げるようにして手鞠を連れ出した村に十年ぶりに帰ってくる。父が手鞠を連れて村を出た理由は、頼重に課されるとある祭祀に関係あるらしいが…

個人的には次男だけどなー、次男だけどな!(わかりやすい)

本の感想, お気に入り, 作者名 な行薙野ゆいら

ソフィアが兄を捜すために入学した大学と、入会した秘密結社「闇の書庫」の重鎮として、ソフィアの世話役であり騎士でもあるアレクシスの父ハロルドが赴任してくる。アレクシス親子の確執を知ったソフィアは、なんとかしてふたりが歩み寄れるようにと手段を尽くすがうまくいかない。そんな中、輸送中の本が盗賊に奪われるという事件が頻発する。

相変わらずの兄バカの中に紛れ込むアレクシスへのドキドキがいいなぁ。