本の感想, お気に入り, 作者名 さ行白川紺子

亡くなった祖母が様々な人からあづかっていた「いわくつきの着物」の管理を任されている鹿乃のもとに、名古屋から一人の青年が訪れる。彼は鹿乃の祖母に着物を預けたという人の孫娘を探してやってきたが、その女性はまだ鹿乃のもとにはやってきていなかった。鹿乃は青年とともに女性を探しに京都の街に出るが……

本編の最後の最後のに「つづきを早く!!」ともんどりうってしまいました。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行白川紺子

ある事件をきっかけに男性不信をこじらせているブライディ伯爵家の令嬢マリーは、社交界にも出ず魔法石の研究に明け暮れていた。ある日、父親がマリーの婿を拾ってきたとデューイと名乗る青年を連れてくる。マリーの婿としてブライディ家に落ち着いたデューイは、事あるごとにマリーに求婚するがマリーはなかなかなびかず……

押せ押せのデューイが最後の最後にたじろいたところが(悶絶)。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

森の奥で夜葬師に育てられたオフェリアの前に、周辺一帯を治める領主である侯爵ルドヴィークが現れる。侯爵家の当主が代々苦しめられている夜葬師による呪いを解く鍵をオフェリアが持っていると、ルドヴィークはオフェリアを妻として城に迎え入れる。

謎に包まれている夜葬師のお話。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

兄王から結婚するよう申し渡された侯爵ヴィクトルは、幼い頃から彼に付き従う銀灯師エミリアに自身と偽装結婚をするように命令する。仕える主人からの命令で否とはいえないエミリアは、ヴィクトルへの想いを抱えたままヴィクトルの命令を受け入れ、ヴィクトルとともに王城に向かう。二人の王城滞在中に突如現れた魔物の調査と対応を兄王より命じられたヴィクトルは、エミリアとともに

両片思いのじれじれかんがいいものでした。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

ローズはたまにしか魔法を使えない落ちこぼれの魔法使いだが、魔法審議院の長官を務める有能な魔法使いである夫レンと幸せな日々を送っていた。そんな中、春を呼ぶ魔法使いが不在のため冬が終わらない。オムニア王国の女王はローズが春の魔法使いだとしてローズを拘束しようとするが、レンやローズの友人リナはローズをなんとか逃がそうとして……

可愛いお話だった!

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

権力争いに負け失脚して失意のまま父親がなくなり、財産を没収されてしまったためにあとは商人(好色爺)の元に嫁ぐしかなくなった伯爵令嬢セシルの前に、有能だが人嫌いで引きこもりという噂の公爵バートラムが現れる。バートラムは昔セシルの父との「賭け」に負け、そのときにセシルを娶ることを約束したらしい。伯爵家の名誉回復のためにバートラムに嫁ぐことを決意したセシルだが、バートラムはセシルのことは放置すると宣言した。

よい歳の差カップルでした。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

公爵家の令嬢ながらも宮廷から逃げるために「行儀見習い」の名目で隣国の女官となり、地味に目立たずこのまま埋もれて生きていこうとしていたエリアーヌだが、勤め先の王宮で品行方正で宮廷での人気も高い代に王子のクロードから突如求婚されてしまう。なし崩し的にクロードの婚約者として遇されることになったエリアーヌは、クロードから婚約者にふさわしい振る舞いを身につけるようにと教育される日々が始まる。

わんこがかわいかった。

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

穢れ神と戦い行方をくらましていた千依神が戻り、「朱華姫」として正式に宮中に迎え入れられた蛍だが、蛍を追いだそうとする何者かによる嫌がらせが続く。柊とともに犯人探しをする蛍は、柊の兄・萩の母である皇后に出会い、彼女の持つ闇の一端に触れてしまう。

いきなり完結してしまった……残念。

作者名 さ行白川紺子

ジェレミーへの想いを自覚したものの、マーチ家の呪いのことを考えると素直になれないクレアはジェレミーに冷たい態度を取ってしまう。そんな中、ブラウン四姉妹に誘われて参加したお茶会で< エデン・ブルー>の手がかりを得たクレアは、セドリックやジェレミー兄弟らとともにニューフォレストに向かう。

最後までいいお兄ちゃんでした!

本の感想, 作者名 さ行白川紺子

先帝の娘であることを隠して叔父の家で召使同然にこき使われていた蛍は、食糧を取りに行った山中で偶然今帝の第二皇子・柊と出会う。これが縁で「やっかいな親族がいない貴族の娘」を探していた帝の意向で、宮中にて神に仕える朱華姫となることになった蛍は、皇帝から重要な秘密を明かされてしまう。

甘やかされてますね……(よい少女小説だ