本の感想, 作者名 か行木村千世

第一皇子の客人として皇宮に滞在していた朧月だが、蒼刻とともに以前事件の起こった都市の様子を見に行くことになる。その地でのトラブルは突如現れた蒼刻の兄が一気に片付けてしまうが、そこで蒼刻の弟と朧月の実家の家人が一緒に居るところを発見した二人は、朧月の兄・静心が何者かにさらわれたということを知る。

最終章。お兄ちゃんが最強な理由がついに明かされた。

本の感想, お気に入り, 作者名 か行九月文

大納言の姫・透子は更衣である叔母の女房として宮中に仕えているが、叔母が帝に寵愛されており、他の妃の女房から嫌がらせを受けるも勝ち気な性格からやられたらやり返す勢いで乗り切っていた。そんな彼女が苦手とするのは、透子への態度が冷たい今上帝の二の宮・朱雀院の宮。ある事件が起こり朱雀院の宮の調査に透子が手を貸すと言っても朱雀院の宮は渋るが……

宮様のちょっと年上の大人な対応がよいものかもしれない……

本の感想, 作者名 か行九月文

商人業に精を出マィヤは、表舞台に立たないアルカダルの皇太子の影武者としてヴァルティアの使者と会ういう仕事を、好きなものを報酬もらえるという申し出に釣られて引き受ける。現在国交のないヴァルティアからやってきた皇太子アレクセルは、アルカダルに花嫁を差し出す花嫁を伴っていた。

相変わらずマィヤがたくましい。

本の感想, 作者名 か行木村千世

皇帝暗殺未遂を事前に食い止めた蒼刻と朧月の前に、朧月が昔世話になったというさすらいの道士が現れる。徐々に目覚めつつある朧月の「力」のことを教えるという道士に誘いを受け、彼が指定した場所に出向く朧月は……

話はたぶん進んでない。

本の感想, 作者名 か行九月文

シュリーク商会の令嬢マィヤは、商会を都で一番の店にしようと、普段はアティルと名乗り男装した上で見習いとして地道に営業活動を続けていた。ある日、買い付けに出ていた父が戻ったものの、皇宮に品物を納めにいったまま行方知れずとなってしまう。父を捜すために皇宮にアティルとして乗り込んだマィヤだが、皇宮に集められた「王子様」に一瞬で女と見破られる。

マィヤのお目付け役のサフィードの苦労がしのばれます。

本の感想, 作者名 か行木村千世

謎の凄腕の男と対峙し、蒼刻が怪我を負ったという知らせを聞いた朧月は、急いで彼が収容されている治療所に向かう。しばらく安静が必要な蒼刻だが、蒼刻の付き添いなしで朧月への仕事の依頼がきてしまう。自分にできることをとその仕事を引き受けた朧月は、調査に入った寺院で不思議な少年に出会う。

話がこれまたでかくなってきたなー。

本の感想, 作者名 か行喜多みどり

ロンドンに再び「切り裂きジャック」が現れ、容疑者として捕まったのは、レイの(自称)親友マーヴィスだった。マーヴィスの無罪を証明するため、レイはロンドンで手がかりを得ようとし、レイのファグである亜夜子も無理をいってレイとともに行動を共にする。しかし、校長はレイの捜査活動をよく思わず、これ以上の捜査を続けるのであれば退学という条件を出す。

面白くなってきたのに、なぁ……。

本の感想, 作者名 か行かたやま和華

銀座の路地裏にひっそり佇む紫陽花茶房で給仕のバイトをする女学生・月子は、店主の紫音にちょっかいをかけられながらも日々勤労に勤しんでした。梅雨の時期、やってきたお客は男装の麗人、頑固ものの老人。そして夏になって茶房を訪れたのは紫音の旧友で……

頑固なじいさんはよいものなのです。

本の感想, 作者名 か行霧島まるは

初めて取った休暇に家に転がり込んでいる妹ジャンナの買い物に出かけたウリセスとレーアは、出先でウリセスの副官エルメーテと遭遇する。田舎には珍しい伊達男のエルメーテに熱を上げるジャンナに困ったウリセスはエルメーテに取引を持ちかけられる。

ほんわかしつつも今回は若干緊迫感。

本の感想, 作者名 か行河上朔

ひっそりと山奥に暮らしていたアリシアは、暗殺をしたこともないのに諸事情で暗殺の依頼を受諾し、その対象がいるらしい神殿巡りを行う王太子デュカイエ一行に潜り込む。都への帰還もあと少しというところで、アリシアはデュカイエとともに谷底に落ちるというハプニングに見舞われるが、尋常ではない不幸体質の二人の前には次々とトラブルが襲い掛かる。

少々ほっこりしてしまったのですが、ほっこりするどころかわりと大変なお話でした。