本の感想, 作者名 は行響野夏菜

アレクセルと共に嫁ぎ先(予定)のエリアルダを訪れたエルレインだが、国王一家との対面の最中にアレクセルが婚約解消を宣言する。騒然となる国王一家だが、アレクセルのこの発言にはエルレインの「封じられた記憶」が関係するらしい。そして婚約解消騒ぎと平行し、ゼルイークの治めるダナークで封じているドラゴンが目覚めるという事件まで勃発し……

王子の株が上昇しすぎた。そして表紙の帯を取ったところのカエルに和みすぎた。

本の感想, お気に入り, 作者名 は行響野夏菜

グメーラ唯一の聖職者として、伯爵兄弟とも良好な関係を築きつつそれなりの日々を送っていたミーナの前に、幼なじみで先輩である司教のフィーンが現れる。グメーラに赴任したというフィーンのミーナへの「なれなれしい」態度に嫌悪感をあらわにする伯爵弟レイヴェン。そして、フィーンは本庁からとある密命を受けいた。

これはもう兄しかない。

本の感想, 作者名 は行ひずき優

名門ホテル「アスターパレス」のホテルオーナー業の修業の一環としてフロント係の仕事を始めたキヨは、キヨが想いを寄せるアーウィンのもてっぷりにやきもきしつつ、周囲に助けられながらなんとか日々を過ごしていた。ある日、アスターパレスホテルに巷で話題沸騰の王子様が宿泊することになる。とある理由から滞在を引き延ばしたい王子様は、キヨに一目惚れをしたという狂言にキヨを巻き込んでくる。

キヨを巡る泥沼化と思えば、アーウィン方面で泥沼の開始。

本の感想, 作者名 は行響野夏菜

アレクセルへの想いととゼルイークへの想いの狭間で揺れ動くエルレイン。しかし。彼女の婚儀の日は刻一刻と近づいてくる。ある日、父王の提案で他国に遊学に出ているエルレインの従弟シラルを招いてのお茶会が企画される。思いの外アレクセルと意気投合したシラルだが、間をおかずしてゼルイークに呪いが発動し、カエルになったシラルが元に戻れないという事態が発生する。

わわわわわわ!(と動揺しながら読んだ)
今回まともに感想かけないわ(いつもかけてないとかそういうツッコミはなし)。

本の感想, 作者名 は行榛乃綾子

レナは「山の魔物」から村を救うため、首都にある神樹・ガーランディウムに宣誓することで「ガーランド」としての力を得ようとする。レナの宣誓の現場に居合わせてしまった軍人ルーカスはレナと共にガーランディウムに宣誓することになり、レナと共に今は一人もいないという伝説の騎士である「ガーランド」の力を手に入れてる。ガーランドの力を使いこなすためにルーカスの元で訓練を行うレナは、ガーランドの真相を知るためにルーカスと共に手がかりのあるという修道院に向かう。

大佐と女王様が素敵。

本の感想, お気に入り, 作者名 は行氷室冴子

家柄と人柄のよさを誇る権大納言の密かな悩みは、そんじょそこらの貴公子よりも貴公子らしい姫君なのに若君として育ってしまった「綺羅君」と、そんじょそこらの姫君より繊細で都でも噂となっている若君なのに姫君として育てられた「綺羅姫」の双子の姉弟。主上の鶴の一声で、姉君は元服を弟君は裳着の儀式を執り行うことになってしまう。

登場人物が総じて間抜けであることに今気付きました(※ほめてます)。一番頼りになるのは綺羅姫(※弟)だった!

本の感想, 作者名 は行氷室冴子

行きがけの駄賃と煌姫から守弥と煌姫がしくんだとある「罠」の真相を聞いた瑠璃姫は、事の真相を確かめるために守弥を呼び出す。そして二人っきりになったところで夫の高彬が乗り込んでくるという大ピンチに陥る瑠璃姫は……

高彬のご乱心が……面目躍如?

本の感想, 作者名 は行響野夏菜

エルレインの「死の呪い」も解除され、平穏に過ぎる日々を過ごしていた青殻宮に久しぶりの「駆け込み」があった。駆け込んできたのはオルフェリアの剣の師匠の奥方。そして時を同じくしてエルレインの婚礼用のドレスのデザイナーがやってくるが、デザイナーの訪問と同時にいつもは煩いアレクセルは自らカエルになることを志願し、嫌み大王ゼルイークは姿を隠してしまう。

サブタイトルはそっちか!と思わずつっこんだ。

本の感想, 作者名 は行氷室冴子

無事高彬と結婚を果たした瑠璃姫は、今だかつてないほど無難な日々を過ごしていた。しかし、高彬の側近に吉野で出会った「峯男」がいるかもしれないと、峯男にそっくりな守弥の同行を気にかける。一方の高彬は、相変わらず瑠璃姫との結婚をよく思っていない家族を丸め込むために、右大臣家の影の実力者・守弥の恋人と高彬が勝手に見込んでいる煌姫を瑠璃姫の屋敷に引き取るように手配するが……

うっかり守弥のうっかりぶりと、たくましい煌姫の二大巨頭がついに瑠璃姫と!というお話。

本の感想, 作者名 は行ひずき優

両親を亡くし、叔父の家で肩身の狭い思いをしてくらしていたキヨの元にとアーウィンと名乗る青年が訪ねてくる。アーウィンが言うには、キヨの父は異国の貴族で、キヨには父から残された莫大な遺産の相続権があるらしい。父母と過ごした想い出の地・夜来香にアーウィンと共に向かったキヨは、幼い頃の想い出の君を捜すのだが……

シンデレラストーリー+初恋の君はどこへ?というお話でした。