作者名 や~わ行・他我鳥彩子

花蓮の機嫌をとるために街に出た天綸は、福福しい商人が拉致されるのを目撃してしまう。以前の「手下」からその商人の身元と拉致の真相を聞いた天綸は、その商人を一応「助け」に行くが、誰かを彷彿とさせるようなとても攫われた人間とは思えない商人に気に入られてしまう。(男の純情をときめきに乗せて)

理央さんと鳴鳴ちゃんが、いいものなのです……

本の感想, 作者名 や~わ行・他梨沙

ジャンを連れ戻すためにやってきたのは、ジャンの昔なじみのオーギュストと美人のシスター・アンナマリア。イタリアには帰らないと言い張るジャンを説得するためにオーギュストは古賀食堂に通い詰めるが、アナマリアは別件で何かを探しているらしい。ちょうどその頃、町に変質者が現れるという事件がおきる。

ああ、この人も残念なイケメンに……(今回の表紙の人)

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

皇太后から呼び出しを受けた花蓮を天綸は心配するが、今の環境を死守したい花蓮はなんとなくその場を乗り切ってしまう。一方、都では画家を狙った謎の事件が頻発。さらに追放になった公子や前王朝の末裔を担ぎ出そうとする一派の陰謀もあるらしく、天綸はそれらの対応に追われる。

祭典って、それか。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他渡海奈穂

放課後の図書館にいたはずのさちこはいつの間にか見知らぬ国の墓穴にいた。滅びの道を歩む異世界の国ルシタリアにやってきてしまったらしいさちこは、成り行きで国民皆が恐れる「暫定王」ディーレの世話役を押し付けられてしまう。さちこにも脅しとそっけない態度をとるディーレだったが、生来の「おねえちゃん気質」からディーレの世話を焼くうちに、さちこはディーレに近づいていき……

異世界トリップ、面白かったー!

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

自称「仙人」の唯翔に監禁された花蓮は、唯翔の力で不思議な夢をみる。あくまでも物語の傍観者でいたい花蓮は夢を見ることに疲れ、監禁場所からの脱出を図る。拍子抜けするほどうまく後宮に戻れた花蓮だったが、天綸の前で妄想すると頭が痛くなるという事態が発生してしまい……

こ、これは……!(美味しい兄弟があった)

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

とある事件の調査のために、クロウの治める高原の地・ティカルに「新婚旅行」に行くことになったフェルに滞在先の心配りにより最大の試練が課される。さらに、クロウ達の滞在を狙ってか、クロウの長兄のジルフォードまでティカルにやってきてフェルたちを振り回し……

すえながくばくはつしてください。

本の感想, 作者名 や~わ行・他山本瑤

ティファニーは魔王を倒すため、エディスとイアンテとともに世界の中心の森に向かう。そこで魔王の誘いに乗り一人魔王と対峙することになったティファニー。一方、別ルートで魔王のもとに向かっていたシリンは、クインシーらの力を借りてティファニーのいる場所にたどり着く。

きれいにまとまってよかった。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

期限までに「離婚」するために身代わりで悪名高い毒薬大公クロウに嫁いできたフェルだが、当初の予定とは逆に離婚から遠ざかる日々。そんなフェルにクロウは冬至までにある条件をクリアしたら離婚、失敗したら開戦という条件を提示してくる。任務遂行のために勝負を受けたフェルだが、その勝負中にフェルの育ての親が城にやってくる。

流行りの壁ドン、タイムリーに来ておおっと思いました。

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

農家の三男坊ラッドは、恋人で領主の娘であるアーシャとの結婚を目指し、「一旗」上げるために都会にやってきた。その巻き込まれ体質を遺憾なく発揮し様々なトラブルに巻き込まれつつも、なぜか貴族の跡取りに収まったラッドは果たしてアーシャと無事結婚できるのか……

巻き込まれすぎ!

本の感想, 作者名 や~わ行・他梨沙

夏休み後半戦、雅の父親の知り合いの経営している古民家に泊りがけで遊びに来た刻子たち一行は、この旅行が雅の父により雅の修行のために仕組まれた罠だということを知る。神社の一角にある古民家に滞在するが、ジャンは神社の神域に当てられて体調をくずすわ、金之助は良からぬのを見てしまうわでてんやわんやで……

悩める少年があざとい(褒めてる)。