本の感想, 作者名 あ行一原みう

ヴェルサイユ宮殿にいる夢、雪山で逃避行をしている夢、そして修道院で同年代の少女たちと錬金術の研究を続ける夢を見続けるセラフィーヌは、ある日目覚めたとき錬金術師のカリオストロ伯爵に保護されていた。「頭の中の小さな箱」にしまいこんだ記憶以外を失っているセラフィーヌは、記憶を取り戻すためにセラフィーヌがいたというR修道院に行くために、カリオストロ伯爵の手伝いをすることにするが……

不思議な空気に包まれた物語でした。

本の感想, 作者名 あ行小田菜摘

医師である父が残した医院を一人守っている珠里だが、女性は医師免許を取れないなれない決まりの中、ほそぼそと育てた薬草を他の医師に売ることで生計を立てていた。ある日、珠里は皇帝からの呼び出しを受け、男性医師の診察を拒否している皇太后の診察を依頼される。

ツンデレ公主様がよいものだった……

本の感想, 作者名 た行富樫聖夜

かつての相棒の聖剣をこよなく愛する聖剣の勇者アシュアルドに、自分がその聖剣の生まれ変わりだとばれたルティアだが、アシュアルドは相変わらず折れた聖剣(剣)を溺愛し、そしてルティアを家族として大事にしていた。アシュアルドのそんな態度に複雑な乙女心を持て余すルティアはかつてのアシュアルドの仲間からアシュアルドに意識してもらうための策を伝授される。

変な勇者が増えた(笑)。

本の感想, 作者名 あ行藍川竜樹

平民出身の異端審問官ジルベールは多少汚い手を使ってでも貴族を異端の罪で告発し、若手の中でも出世株だったが、今回の異端審問の相棒に選んだ錬金術師マリーはジルベールの思う通りに動かず、あと一歩というところで再調査という結果になってしまう。ジルベールはマリーとともに現地調査に向かうが、空気を読まないマリーのマイペースぶりに振り回されて……

ジルベール、ちょろいな……と思いました(おいしい

本の感想, 作者名 あ行江本マシメサ

爵位を返上することもできず、ギリギリの貧乏生活を送っている伯爵令嬢レイファは、ある日東方から旅行に来ていた華族(資産家)の奥方に「幸運を呼ぶ金髪碧眼」を理由に大金を積まれ買われることになる。奥方に従い遠い異国・大華輪国に連れて行かれたレイファは、一生地下で閉じ込められることになるところを奥方の息子で当主のシン・ユーの妻として迎えられることで助けられる。

義母様のツンデレっぷりが素晴らしいのでは……?

お気に入り, 作者名 な行永瀬さらさ

クロードを下僕(アイリーン目線)として破滅エンドを回避したアイリーンだが、引き続きゲームの続編に話が進んでいることに気づく。またしても破滅エンドを回避するために、クロードの反対を押し、クロードに黙って続編の舞台であるミーシャ学園に男装して潜入することにしたアイリーンは……

アイリーンの最強具合が相変わらず楽しかった!

本の感想, 作者名 や~わ行・他我鳥彩子

天界の二五三番目の皇子・麗姿は神通力は持たないないが類まれな美貌を有し、ぐうたらした生活を送っていた。天界のコスト削減のために地上へ天降り、綺麗国の王女への婿入りを命じられ、騙し討同然で麗姿は綺麗国に送られる。そこで麗姿が出会ったのは、麗姿の結婚相手(予定)の第一王女(美形アレルギー)と、なぜかいかつい仮面をかぶっている第二王女であった。

あっぱれなほど人生イージーモードの皇子様で清々しく楽しかった。

本の感想, 作者名 な行長尾彩子

ミカエラは王女の侍女として王宮に出仕していたが、剣の腕を買われて、カレンデュラの森を治める第二王子アドリアンの護衛(兼従者)として男装してアドリアンに仕えることになる。アドリアンは仮面をつけた冷酷な領主だという話だったが、ミカエラはアドリアンとともに過ごすうちに彼の評判はあくまでも噂に過ぎないことを知る。

メインの二人がシリーズ史上最強にピュアだった(まぶしい)。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

皇宮の中でも冷遇されていた公主・雛花は幼馴染の武人・志紅に恋心をいだきつつも、兄である皇帝・黒煉を補佐するための天后を目指していた。しかし、ある日志紅は黒煉を殺し、帝位を簒奪した上、雛花を妻として迎え後宮に監禁してしまう。

親友を殺しての帝位簒奪がおきるのこれ……?というコメディタッチな序盤でしたがちゃんとシリアスを経由してコメディになってた!(結局コメディ)

本の感想, 作者名 な行長尾彩子

魔女と同じ容姿を持つ病弱な王女リースヘェンは信心深い父王に疎まれ、隔離されて育ち、彼女に関わるのは数少ない使用人と主治医である天才医師と名高いエレンフリートのみだった。異母弟である王太子が原因不明の病で倒れ、リースヘェンが呪っているせいと処刑されることとなったリースヘェンを、王との取り決めでリースヘェンの婚約者となっていたエレンフリートが引き取る。王よりリースヘェンの粛清権を買ったというエレンフリートは、リースヘェンを人体実験の被験者として扱うというが……

途中、お、ヒーロがヤンデレに舵を切った?と思ったらそうでもなくて最終的にHENTAIだったといお話(台無しの要約)。