2019年のお気に入り 適当に8選くらい

本の感想まとめ

2019年に読んで面白かった本、今回も10シリーズに届かなかったので(主に読書量不足が原因)8つピックアップ。

※順番は2019年に該当シリーズを一番最初に読んだ順(だいたい)。
※書影や感想は、2019年に読了したものを挙げております。

■不本意ですが、竜騎士団が過保護です
ビーズログ文庫らしい良きラブコメ。この記事を書いてる時点で2冊目まで読んでて、「続き読みたいなー」と書いておりますが、2019年12月に最終巻の3巻が出ました!めでたい!まだ読んでない!
ニヤニヤゴロゴロこれ極まりという良きラブコメなので最終巻も楽しみです……早く読まないと。

 null
不本意ですが、竜騎士団が過保護です1・2

■帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵
やっぱりウィングスはいいわ……という架空和風伝奇ファンタジー。三角関係ものであることは確かなのですが、三角関係に決着がついたあとも何やら清々しい青春を感じました。青春だ……。色々入り組んだ親世代の事情や、前作(青薔薇伯爵)を読んでいるとなるほど、と思えるようなつながりもあり、読み応えがあって面白かったです。

null null
帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(上)
帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(下)

■法律は嘘とお金の味方です。京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌
歳の差の幼馴染!素直じゃない年上社会人!色々ギリギリっぽい反則技!(というかむしろ反則)でもなんだかうまいこいってるのでスッキリ!と幼馴染のところにゴロゴロしながら、トラブル解決に関してもスッキリして楽しめる一冊で二度美味しいお話でした。
二冊目も読まないと。

null
法律は嘘とお金の味方です。京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

■ヴァイオレット・エヴァーガーデン
TVアニメが素晴らしかったので本編と外伝計3冊を頑張って取り寄せたシリーズ。TVアニメでは若干設定が異なる点もあり、あ、私原作の設定のほうが好きかも……というところもあり原作とアニメと両方楽しめました。連作短編形式なのでいろんなお話が楽しめるのですが、個人的に一番好きなのは外伝のワイワイする最後の話ですかね……ニヤニヤできるし。
2020年に公開予定の続編映画も楽しみです。

null null null
ヴァイオレット・エヴァーガーデン(上下巻)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝

■ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子
良きコバルト文庫でした!コバルト文庫最高~というようなお話で楽しかった~。
強いヒロイン(物理的にも)、腹黒ヒーロー、これぞコバルトというような少女小説で好きです。
時代の流れでコバルト文庫は完全に電子書籍シフトしてしまったようなのですが、(そして今までコバルト文庫ででていたようなものもオレンジ文庫にシフトしているのも多い)、まだレーベルとしては生きているのでぼちぼち追いかけて行かないとと思っています。


ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子

■宝石商リチャード氏の謎鑑定
2020年1月からアニメ化する本作、1冊目を読んでなぜか積んでたんですが一部を一気読みしました(+二部もちょこちょこ読み始める)。面白い作品を一気に読めたので良しとします。

中田正義がとても中田正義で、お前もう何なんだよ!(褒めてる)とドタバタしながら読んでました。
動くリチャードがめちゃくちゃ楽しみです、美しすぎて多分息ができない。アニメも楽しみだなぁ。

null null null
null null null
宝石商リチャード氏の謎鑑定(2~6巻)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海

■マリエル・クララックの婚約
シリーズ物で刊行されてる最新巻を読んでる唯一の作品じゃないかな(他のシリーズは気がつけば積んでる)、というような、秋頃に一気に読んでしまった作品。もう、めちゃくちゃおもしろいんですよ~。暴走(するものの理性はある)するヒロイン、ヒロインに振り回されるイケメン苦労性ヒーロー、ヒーローが仕えるちょっと残念王子様ともうめちゃくちゃ面白いんですよ~(2回目)。

コミック版もめちゃくちゃ面白いのでおすすめです。

null null null null null
マリエル・クララックの婚約
マリエル・クララックの最愛
マリエル・クララックの誘惑
マリエル・クララックの結婚
マリエル・クララックの蜜謀

■女王の化粧師
WEB小説の文庫化作品。文庫化前からいくつか猛プッシュがあって読もう読もうと思っているうちに文庫化したというパターンなんですが(よくある)、読んでよかったです!というか読むの遅すぎました。
文庫化している部分ははじめもはじめで甘さがまったくないんですが、これが甘くなるんですよ……本当にこれが甘くなるのか?って思ってたんですが、なりましたね(WEB版もぼちぼち読んでる)。初見(文庫版)読んでいたとき、ここから甘くなるって、まさかこれがこうなってとかいう展開とかないよなーとか思ってたらそうなっててびっくりでしたね……私のポンコツ推測力が久しぶりに仕事した。
続きも文庫化しないかなぁ。

null
女王の化粧師

***

続きも読まないと、というようなまとめになったのでがんばって続きを読みたいです(希望)。