本の感想, お気に入り, 作者名 な行永瀬さらさ

吾妻法律事務所にプライバシーの侵害をなんとかしてほしいと依頼にやってきたのは、草司にも関わりのある、草司の叔母一家放火殺人事件の犯人疑惑があったが他の案件で刑に服していた比賀。出所後からフリージャーナリスト雉野に追いかけられ、仕事もクビになってしまったという。金払いのいい比賀の依頼を二つ返事で引き受けた吾妻弁護士だが、つぐみの心中は穏やかではない。しかも、草司と草司の叔母一家の事件の情報をちらつかせて、雉野はつぐみに協力を強要する。

幼馴染はいい……(初心に帰った感想)

本の感想, 作者名 や~わ行・他八巻にのは

高校時代に出会った初恋の人・白江とともに働くことを目指して旅行業界で働いていた美紀は、白江が社長を務めるディスカバリートラベルへの転職を成功させる。しかし、転職後すぐの新人研修で、霊媒体質の美紀は白江から研修先のホテルの問題点を解決するように命じられてしまい、怪異に巻き込まれる。

ツン分9割8分の社長さんが(ベタながら)良かった。

本の感想, お気に入り, 作者名 た行千花鶏

マリアージュに化粧道具を壊されたダイはマリアージュに怒りをぶつけてしまい、解雇されることを覚悟するが、ヒースは化粧道具を調達し直すためにダイを街に連れ出した。偶然からダイの化粧道具を作っている魔術師アルヴィナと出会った二人は、アルヴィナの仕事場に招待され、不思議な魔術師と誼を結ぶことになる。

あああああ、これはーーーーーーーー(後で終盤読み直してもんどり打った)

つれづれ

Boox Nova2 電源切ってる状態

10万円のとくべつていがくきゅうふきんはもらえなかったけど、ボーナスは社会保険料と健康保険料と雇用保険料しか被害を受けていない(+私の今の給与処理上後で所得税が追徴される)ことに気付いてしまったので、数年来買おう買おうと思って踏ん切りがついてなかった電子ペーパー(E-INK)タブレット端末を買いました。購入したのはBooxシリーズのミドルレンジ(?)端末、Nova2。Android端末で(Android9搭載)7.8インチでコミックを読むのにちょうどいい感じ(個人の感想)のサイズの端末です。

公式サイト:Boox Nova2

技術的な解説等は探せば素晴らしいページが見つかるのでそちらを参照いただくとして、デジモノ・ガジェットがチョットスキ程度の人間による「読書するのにどうなの?」的な視点で一週間くらい使った結果の雑感を書いていきます。
(一応、電子ペーパー端末布教記事のつもりだったけど、読み返したらそんな要素はあんまりなかった)

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行六つ花えいこ

惚れ薬の騒動から憧れのハリージュとようやく両想いになった(らしい)ロゼは、ハリージュの屋敷に婚約者として迎え入れられることとなる。人の理から外れているロゼにとって人の制度である「結婚」の意義を徐々に理解し、ハリージュとともに準備をすすめていく。そんな中、ロゼがハリージュの屋敷から通うことになったの庵のある森に魔女の大ファンと自称するずれた少女が現れる。

引き続きロゼが可愛かったし、何ならハリージュも可愛かった!ロゼは時々めちゃくちゃな発言してるけど(それがいい)

本の感想, 作者名 な行永瀬さらさ

混迷を極めた人と鬼との争いの一時休戦に伴い、自身の兄・雪疾を討った鬼の棟梁・緋天に和平の証として嫁ぐことになった冬霞。緋天のもとで兄の死の真相を探る冬霞は、嫁ぐ前に教えられていた状況と緋天が語る状況との食い違いに気づく。

ヒロインちゃんがかわいい小生意気で小気味よくてよかった。

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行桃春花

義両親と義弟とともに地方の親戚宅を訪れ葬儀に参列することになったマリエルだが、そこに仕事で王都に残っていたはずのシメオンが、ある事件を追って近衛隊の一隊とセヴラン王子とともに現れる。マリエルを事件から遠ざけようとするシメオンだが、最終的には隣国の王位継承問題に絡む事件にマリエルも巻き込まれてしまう。

マリエルが絡むと少々ポンコツなところを発揮してしまうシメオン様が良いものでした……(※仕事はちゃんとしている)

本の感想, お気に入り, 作者名 あ行顎木あくみ

国を守護する異能を受け継ぐ名家に生まれた美世だが、父母から異能は受け継げなかった。美世の実母が亡くなったあとは後妻と義妹に虐げられ、ないものとして扱われていた美世は、冷酷非道で何名もの婚約者が逃げ出したという清霞のもとに婚約者候補として送られることになる。

そうそう、こういう少女小説っていいよね……というような物語でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 な行永瀬さらさ

吾妻法律事務所の事務は吾妻弁護士の孫娘のつぐみが引き受けているが、来年受験を迎えるつぐみの後任として、吾妻弁護士の知人の孫・大介をアルバイトとして雇う事になり、つぐみは大介に仕事を引き継ぐ。弁護士の孫で法学部にも通い、仕事の飲み込みも早い大介だが、弁護士という仕事には鬱屈したものを抱えているらしく司法の道に進むつもりはないという。

ポンコツ検事の白鷹さんが癒やしだった。

本の感想, 作者名 ま行桃巴

辺境領カロディアの領主リッカロが妹フェリアに隣の領主から頼まれたという「31番目のお妃」を持ち込む。最下位の妃(候補)である31番目のお妃様はなかなかなり手がないものの、31人揃わないとお妃選びも始められないため最後の手段としてフェリアに話が持ち込まれてきたという。何もなければ1年間でお役御免になるということで、フェリアはやる気なく後宮に向かい与えられたオンボロ屋敷を整え畑を耕しお妃様とは程遠い生活を楽しむことにした。

ヒロインの生命力が眩しかったです。