本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

皇宮の中でも冷遇されていた公主・雛花は幼馴染の武人・志紅に恋心をいだきつつも、兄である皇帝・黒煉を補佐するための天后を目指していた。しかし、ある日志紅は黒煉を殺し、帝位を簒奪した上、雛花を妻として迎え後宮に監禁してしまう。

親友を殺しての帝位簒奪がおきるのこれ……?というコメディタッチな序盤でしたがちゃんとシリアスを経由してコメディになってた!(結局コメディ)

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

ようやく本当に結婚することになったフェルとクロウだが、フェルはとある作法を知らず、クロウに聞くわけにもいかず、周囲に教えてくれるように駆け回る。直球で説明するわけにもいかない案件のため、ガセやらなにやら掴まされたフェルはとうとうとう当日を迎えてしまい……

幸せいっぱいのボーナスの一冊、楽しかったです。

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

無事クロウと離婚を成立させたフェルは孤児院に戻り、1年近くの時間が経過していた。身代わり花嫁の報酬として商路建設事業の仕事に関わることになったフェルは、事業に反対している南方諸国との会談のユナイア使節団に同行することになったフェルは、クルヴァッハの使節団を率いているクロウと再会する。

完全無欠の大団円でごちそうさまでした!

本の感想, お気に入り, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

絶体絶命の危機に生死不明だったクロウに助けられたフェルだが、黒龍領には皇帝からの討伐隊が迫っていた。妖精王と皇帝に対抗するために、そして妖精王と同化しているパールを助けるためにクロウとフェルは正気に戻ったジルフォードたちと反撃に出る。

今回も盛り上がってさすがでした。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

クロウに代わり、死んだはずのパールに嫁いだことになってしまっているフェル。皇帝からなんとか黒竜領に戻る許可を得たフェルはパールとともに黒竜領に帰還するが、パールに領民の命を盾に取られてしまう。

フェルさんがたくましい

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

亡くなったはずのクロウの弟パールが現れ、クロウを含めた周囲は当たり前のように生きているパールを受け入れていることに大混乱のフェル。パールが「生き返った」真相を探ろうとするフェルは、パールが「死んでいる」ことを知る味方のジルフォードたちと「呪い」の解呪のための作戦を実行しようとする。

タイトル通り「大混乱」で終わって続きが気になりすぎる。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

春分節の儀式のために皇帝に召集をかけられて都に向かったクロウとフェルだが、皇帝への謁見でクロウに謀反の疑いがかけられる。クロウは嫌疑を晴らす機会を与えられるものの、フェルが一連の事件の黒幕と考えられるクロウの母、リグレイン妃と対面することになり、無理難題をつきつけられる。

お兄ちゃんと弟くんを満喫して旦那さんの選択肢に笑う。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

新婚旅行を兼ねた視察の途中立ち寄った街で、フェルはクロウに離婚をかけてドレスの街で「華争い」と呼ばれるコーディネイト対決を行うことになる。服を捜すためにふたりは街にお忍びで「デート」に出かけることになり……(カヴィバエリの華争い)

閑話休題てきなところから過去のお話まで、楽しかったです。

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

クロウに偽嫁であることがバレていたことに気付き混乱中のフェルはクロウに連れられ中央教会に向かう。そこでフェルに追い打ちをかけるように誓約を解除するとクロウが言いだし混乱に拍車がかかるフェルだが、当初の目的通りひとまずは教会でクロウの弟が残したと思われる手がかりを探すことになる。しかし、教会内では謎の増改築が絶え間なく行われており、不穏な空気が流れていた。

今回もご馳走様でした。

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行夕鷺かのう, お兄ちゃん

「クロウを骨抜きに惚れさせてから離婚しろ」という新たなミッションを与えられたフェルは、頭を悩ませながらもそのミッションに立ち向かうことにする。クロウとフェルの「攻防」が繰り広げられる日常が戻ったかと思われた黒龍城に、クロウのお騒がせな兄ジルとジルに無理やり連行されてきたクロウの弟ユアンが訪れる。

相変わらずの破壊力で。